日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 実写映画『リトル・マーメイド』配役論争

実写映画版『リトル・マーメイド』の配役の論点は差別だけでなく「原作実写化」にもある

文=ヒナタカ

黒人で赤髪の憧れの存在へになるかもしれない

 アニメ映画『リトル・マーメイド』は、元となるアンデルセンの童話『人魚姫』から、個性豊かなキャラクター、ミュージカル要素、そして物語に至るまで、大幅なアレンジが施されている。そもそもが「原作から変わっていた」作品であるのだ。

実写映画版『リトル・マーメイド』の配役の論点は差別だけでなく「原作実写化」にもあるの画像2
グーグルで「人魚姫 絵本」で検索するとたしかに金髪の人魚姫だらけ

 そして、『人魚姫』では金髪の美女のイメージが強かったのに対し、『リトル・マーメイド』のアリエルは赤髪の16歳の少女になった(それは1984年の映画『スプラッシュ』の金髪の人魚と被るのを避けたためだとか)。そして、当時からアリエルは赤髪であることがアイコニックで、かつ赤髪がコンプレックスだった人たちに勇気を与える存在としても受け入れられていたのだ。

 今回の実写映画版のハリー・ベイリーの配役で、「白人で赤髪」としての憧れの存在だったアリエルを、今回は「黒人で赤髪」へと「バトンを渡した」と捉えることもできる。実際にTikTokではアフリカ系の子どもたちが予告編を観て喜ぶ反応の動画が多数が投稿されており、今後は黒人の少女たち、もしくは黒人でさらに赤髪を持つ人たちを勇気づける存在になっていくかもしれないのだ。

映画本編が公開されれば、批判は覆るかもしれない

 今回の実写映画版『リトル・マーメイド』のティーザー予告編を観て、筆者個人は「この歌声の素晴らしさのためにハリー・ベイリーが選ばれたんだ」と納得できたし、それはキャスティング発表時の批判を覆せるほどのものだと思っていたが、実際はこれほどまで大きく論争が再燃したのは意外でもあった。前述したファン心理による正直な意見はともかく、当事者への過度のバッシングや誹謗中傷は言語道断であるし、何より「まだ映画本編が公開されていない」ので、ここまでの論争はやはり過剰だとは思うのだ。

 人種の問題ではないが、例えば新しい『007』シリーズでジェームズ・ボンド役にダニエル・クレイグが決まった時、ブルーの瞳や金髪であることなどが従来のボンドとイメージが異なるとして、反対署名運動まで起こったことがある。だが2006年に公開された『カジノ・ロワイヤル』は絶賛に次ぐ絶賛を浴び、その後もダニエル・クレイグのボンドは世界中で受け入れられた。そのように、「映画本編を観てみなければわからない」ことはあるので、実写映画版『リトル・マーメイド』が公開されれば、今度こそ数々の批判を覆すほどに賞賛を浴びる可能性はある。

123

実写映画版『リトル・マーメイド』の配役の論点は差別だけでなく「原作実写化」にもあるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

『スーパーパンプト』が痛快すぎる!

 U-NEXTで配信中の『スーパーパンプト/...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真