日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > かかりすぎて不評「朝から重い」

Aマッソ『ラヴィット!』も… 暴走ボケ濫発で不評の声「朝から重い」

Aマッソ『ラヴィット!』も… かかりすぎて不評「朝から重い」の画像1
Aマッソ Watanabe Entertainment 公式サイトより

 13日放送のTBS系『ラヴィット!』にAマッソ加納・村上) が出演。真空ジェシカを彷彿とさせるボケを濫発させネットが荒れていた。

 加納は全身にいくつも犬のぬいぐるみをくっつけ、村上は赤い眼鏡姿で登場したAマッソ。ゲストとして紹介されると「川島くん久しぶりやな。えらい頑張ってるな?命生きてる?犬も一緒やから」と誰かに扮装している様子。司会の麒麟・川島明が「どちら様ですか?」と尋ねると「通販に出会わなかった世界線のクワバタオハラです」とだいぶ独特なボケ。おそらくクワガタ役の村上は本を読んでいてタイトルは「ポプラに代わる植物(上)」

 さすがの川島も「ちょっと、振りかぶり過ぎて腰ぬかしてるんです、今」と苦笑いで対応。加納は「うそうそうそ!Aマッソ!Aマッソ!」」と潔くボケを終わらせ、川島を安心させていた。加納は「学んだんです。真空ジェシカで。このボケは3分以内にって」と同番組に出ては灰汁の強いボケで視聴者を困惑させる真空ジェシカを参考にしてきたようだが、川島からは「いやいやいや。20秒以内で。3分だいぶ長いですよ」とダメ出しされていた。

 Aマッソはそのあともボケまくる。

 村上は「味こぉ~!!」「グーググーググーググー!」と江戸はるみのギャグを入れつつ食レポ。また、インディアンス・田渕章裕がおしぼりを箸で掴み「こちらのモンゴウイカの方も頂きますね」とボケたのに対抗し、箸置きを掴み「リンゴの縦切りも頂いていいですか?」。

 加納はミニオンの人形を乗せていくバランスゲーム「ぶっ飛び!タワーゲーム・ミニオン」で人形を見ながら泣き始めると「超新塾これくらいおった時あったなって」と芸人にしかわからないひとボケ。時間を散々使い、置くところを決められないボケで川島に「欲しがりますね。加納さん」とツッコまれていた。

 いくら『ラヴィット!』とはいえ、朝番組で次々ボケる姿にネット上では「朝からAマッソがAマッソしてて嬉しい」「Aマッソ、肩ブンブン回して仕上げてきてんのおもろすぎるww 」とファンからの声も上がっていたが 「Aマッソ、年に2回くらいでいいかなww朝から重いww」「ラヴィットのAマッソずっと事故ってる」「Aマッソのテンションがごめん、これじゃない感 」と不評の声が多く見られた。

 また、「Aマッソ全力で滑りまくってるな。真空ジェシカ並みやん」「Aマッソから確実に流れてる真空イズム」「 Aマッソの感想がちょっと真空ジェシカ初登場時に近いぞ……!」と真空ジェシカの影をみる人も。

「真空ジェシカ枠」の真空ジェシカとAマッソ、どちらが先にラヴィット視聴者にハマるのか気になるところだ。

 

 

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

おおさわのやちよ

最終更新:2022/10/14 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed