日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > キムタクが超ライバル視する“あのメンバー”

木村拓哉、絶対コケられない映画番宣にフル稼働! 超ライバル視する“あのメンバー”の存在

文=小林真一(こばやし・しんいち)

木村拓哉、映画番宣にフル稼働! キムタクが超ライバル視するあのメンバーの存在の画像1
木村拓哉が恐れているのは…?

 1月27日に公開される映画『レジェンド&バタフライ』で、主人公の織田信長を演じる木村拓哉。東映創立70周年記念映画として、監督は『るろうに剣心』シリーズの大友啓史、さらに脚本は『コンフィデンスマンJP』シリーズの古沢良太が担当する、かなり力の入った作品となる。

 木村は東映の映画初出演となり、総製作費が邦画としては高額な20億円。信長の正室・濃姫を綾瀬はるかが演じるという超大作だ。

「これだけの規模で制作した作品では、興行収益の最低ラインは50億円あたりでしょう。2022年度の邦画作品だと、アニメ作品を除けば、話題を集めた『シン・ウルトラマン』が50億に少し届かず、『キングダム2 遥かなる大地へ』がギリギリ超えたくらい。正直、木村と綾瀬を起用しても、50億円以上はかなり厳しいラインになる」(スポーツ紙記者)

 危機感のあらわれか、木村は多くの番組に出演して番宣を行っている。

「1月5日放送の『ニンゲン観察バラエティーモニタリング3時間新春スペシャル』(TBS系)では、Snow ManやSixTONESと共演するドッキリに挑戦。また、1月9日には、『さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろかSP』(TBS系)に出演し、木村が主演を務めた2000年の大ヒットドラマ『Beautiful Life~ふたりでいた日々~』(TBS系)のワンシーンを再現するサービスぶりを見せつけた。さらに、1月11日放送の『超ホンマでっか!? TV 木村拓哉レストラン&根に持つ芸人SP』(フジテレビ系)にも出演し、木村が考案した完全オリジナル料理を披露。このあとも公開日に合わせていくつかの番組に出演するようで、かなり必死に映画を売り込んでいます」(民放関係者)

 ジャニーズのアイドルグループとして現在一番人気のSnow Manとは、番組コラボも行った。

「『モニタリング』の流れで、Snow Manの冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)にも緊急出演し、メンバーと企画に挑戦した。木村は『モニタリング』の中で、Snow Manのメンバーに番組出演を打診され、了承して出演することになった……という筋書きでしたが、これには裏があって、木村が『それスノ』に出演することはすでに決まっていた。その上で、後輩のムチャブリにも応じてしまう“気さくな大物”をアピールするために、Snow Manから番組出演をお願いする演出を入れたそうです(笑)。木村としても、Snow Manファンにはしっかりと売り込んでおきたいところなのでしょう」(同上)

 木村は、後輩のファンも虜にするような演出も入れながら、涙ぐましい番宣を続けている。その裏には、どうしても『レジェンド&バタフライ』をヒットさせないといけない裏事情があるという。

「元SMAPの草なぎ剛が主演を務めるドラマ『罠の戦争』(フジテレビ系)が、1月16日から放送を開始します。人気が高い『戦争』シリーズの続編で、草なぎとしては久しぶりの地上波ドラマ復帰作になる。ストーリーもしっかり練られていて、放送前から注目のドラマとなっています。このドラマの2話目が放送されたあとに、『レジェンド&バタフライ』が公開になる。ドラマと映画でフィールドは違いますが、木村は草なぎをかなりライバル視しているようです。もし、木村の映画がコケた上で、草なぎのドラマの評判が高かったら、俳優として負けたことになりかねない。そういった意味でも、番宣に力を入れているんです」(同上)

 主演とはいえ、綾瀬よりも段違いに番宣稼働している木村を見れば、なにか鬼気迫るものを感じてしまう。そんな木村は、元SMAPの中でも草なぎにだけは特別な感情があると言われる。

「SMAP時代も草なぎは演技派として知られていましたが、視聴率では木村が圧倒していた。しかし、草なぎはSMAPの解散以降、映画『ミッドナイトスワン』で日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞。さらに、海外でも賞を受けるなど人気が高い。昨年出演した映画『サバカン SABAKAN』も評価が高く、俳優として成長を続けています。木村も草なぎの演技力を認めているからこそ、元メンバーとして負けられない気持ちが強いようです」(スポーツ紙記者)

 ジャニーズ事務所としても、草なぎの“躍進”はストップしておきたい事情がある。

「新しい地図の3人が評判を上げ、地上波に戻ってくれば、自社のタレントを共演NGにしているジャニーズ事務所としても状況はよろしくない。そういった意味でも、『レジェンド&バタフライ』が特大ヒットして、『罠の戦争』の評判をかき消して欲しいところなんです。週刊誌などは、木村と草なぎの話題作を比較して記事を作りたいところですが、ジャニーズ事務所からは“NG”が出ているみたいです」(同上)

 日本の俳優では圧倒的な知名度と人気を誇る木村だが、さまざまなプレッシャーと戦いながら主演映画の公開日を迎えそうだ。

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2023/01/14 19:00

木村拓哉、絶対コケられない映画番宣にフル稼働! 超ライバル視する“あのメンバー”の存在のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真