日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 真似る芸人が続出した笑い飯の衝撃

真似る芸人が続出した笑い飯の衝撃…同じ伏線回収漫才でも麒麟とブラマヨの違い

文=馬鹿よ貴方は 新道竜巳(しんどう たつみ)

真似る芸人が続出した笑い飯の衝撃…同じ伏線回収漫才でも麒麟とブラマヨの違いの画像1
M-1グランプリ2022 公式サイトより

 毎年『M-1グランプリ』がお笑い芸人界に影響を与えます。ウエストランドの優勝で、今年は毒舌漫才がライブで多くみられることが予想されます。『M-1グランプリ』は毎年終了直後から、エントリーライブ(お金を支払って出場する芸人の卵)に出演する芸人さんのネタに大きく影響します。

 特に影響したのが、笑い飯の漫才ではないでしょうか。両ボケツッコミの形式が芸人たちの間で衝撃が強く、アマチュア以外でもリスペクトされることで、プロの芸人でも両ボケ両ツッコミの笑い飯が頭によぎるぐらいの表現が多くありました。そして、現在の漫才の基本ベースとすらなっているブラックマヨネーズの漫才構成が、現在の漫才でも多くの芸人に影響を与えています。前半に振っておいた部分が後半にもう一度登場することにより、お客さんの笑いが大きくとれやすいという現象、いわゆる伏線回収。

 当時、松本人志と高須光聖のラジオ『放送室』でも大絶賛でした。それが、ブラックマヨネーズ以降の漫才師にさらなる影響を与えました。そして、ブラックマヨネーズのような漫才師も増えました。そこでよく思われるのが、なんで昨年の漫才師を真似るの? ということです。

 これは漫才を作るのが上手か下手かで大きく変わってきます。明らかにブラックマヨネーズだなと思われると、パクリとして見られ、興醒めされることもありますが、伏線回収という部分はブラックマヨネーズが作ったものではなく、昔からあったものです。そこを真似てもパクリとは思われません。『M-1グランプリ2001』で初登場した時の麒麟は、完全に伏線回収の形式でした。しかし、ブラックマヨネーズを見て麒麟に似ているなと思った人は誰もいないと思います。

 それは、麒麟が互いの喧嘩で漫才を運んでいく演出ではなく、「小説のように漫才をする」という演出がブラックマヨネーズとはまったく違ったからです。ボケ方の演出を自分らしく演出しているため、伏線回収という部分だけが使用されているにすぎません。

 ただ、ブラックマヨネーズの優勝から伏線回収がネタに入り込むことが圧倒的に多くなったのは間違いなく、それをいかに自分のものにするかが醍醐味になってきているようにも感じます。エントリーライブになると、ブラックマヨネーズをリスペクトしすぎて2人が喧嘩をして伏線回収し、片方が相方を叩く描写まで真似てしまったりする芸人もいます。そうすると、偽物ブラックマヨネーズとしての印象が強くなり、お客さんもさほどついてきません。

 後に和牛のM-1グランプリでの活躍で、伏線回収がより芸人の間で広がりました。和牛はコントの中で非常に演技力の高い表現によって引き込み、絶妙のタイミングで伏線回収があります。そして、それを引き継ぐかのように昨年の『M-1グランプリ2022』でカベポスター、ロングコートダディ、オズワルド、さや香、などなどが伏線回収を各々で表現されて、非常にレベルの高い闘いだったと評判も上々です。

 この流れで見ると、麒麟→ブラックマヨネーズ→和牛→オズワルド、が似ていると思う人はほとんどいないでしょう。これは似ているというよりも漫才の進化の過程で徐々に表現が巧みになり、オリジナリティの高い中で伏線回収「も」使用されているといった方が正しいかもしれません。歴史は引き継ぐものであり、その途中経過である芸人の漫才はいろいろな表現があり、パクリもいればオリジナルもあり、影響を与える漫才もあれば軽蔑される漫才もあります。

 歴史のバトン渡しの役割を現在の芸人がしていると考えると、進化の過程で昨年の漫才師を真似るという部分は大事だということです。そして、漫才を作る上で上手か下手かで、見え方がまったく変わってくるということです。また、現代の漫才の流れが見えてくれば、そこをまったく違う演出で挑戦すると、よりインパクトが高くなり、ハマると大爆発を起こすのです。それがウエストランドでもありました。

馬鹿よ貴方は 新道竜巳(しんどう たつみ)

サンミュージック所属のお笑いコンビ「馬鹿よ貴方は」 のツッコミ。コンビのネタ作りを担当するほか、お笑いに対するプロ目線の考察に定評があり、「M-1」などの大会はみずから大会を観覧して分析。自身のYouTubeやライブなどで披露する。中でも「女性芸人」研究家として、東京スポーツで連載を持っている。 YouTubeチャンネル【馬鹿よ貴方は、新道竜巳のごみラジオ】

Twitter:@kPXfF3Xm1jvbLMS

【サンミュージック公式】馬鹿よ貴方はプロフィール

最終更新:2023/01/15 09:00

真似る芸人が続出した笑い飯の衝撃…同じ伏線回収漫才でも麒麟とブラマヨの違いのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真