日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 岩崎大昇、生放送で驚異のバラエティ力発揮
ジャニーズ×Twitterトレンド速報

岩崎大昇『ラヴィット!』で驚異のバラエティ対応力発揮!美 少年がセクゾ後任に

文=佐藤勇馬

岩崎大昇『ラヴィット!』で驚異のバラエティ対応力発揮!美 少年がセクゾ後任にの画像1
美 少年・岩崎大昇(「ISLAND TV」より)

 ジャニーズJr.内ユニット「美 少年」の岩崎大昇が16日、TBS系の朝の情報バラエティ番組『ラヴィット!』に月曜レギュラーとして生出演。バラエティ適性の高さと度胸のよさを見せつけ、グループのデビューに弾みがつきそうな気配となっている。

 岩崎は1月~3月の「ラヴィット!ファミリー」として月曜日レギュラーに起用され、9日から出演する予定だったが、同日は体調不良によって欠席に。今回、改めて月曜レギュラーとして番組に登場を果たした。

 番組冒頭、岩崎は『ラヴィット!』レギュラー出演に備えて磨きをかけてきたという玉置浩二のものまねを披露。あごをしゃくれさせたような独特の歌い方でヒット曲「田園」を披露すると、麒麟の川島明から「玉置さんとアントニオ猪木さんのハイブリッド?」とツッコミが入り、スタジオから笑いが起きた。

 続けて「今年始めたいこと」としてピアノをあげ、楽譜すら読めない完全に未経験の状態から1年間で「クイーンのボヘミアン・ラプソディーを弾き語りできるようになりたい」という目標を発表。練習用に持ち運びができる電子ピアノがプレゼントされ、川島から「参考に今の実力を見せてもらっていいですか」と促されると、岩崎はピアノを弾けないながらも腕をクロスさせるフレディ・マーキュリーのしぐさをまねしながら、同曲の印象的な歌詞「ママー」を連呼。川島から「ショッピングモールで迷子になったんですか?」とツッコミが入り、再び大きな笑いが起きるなど度胸の良さを見せつけて早くも番組に適応していた。

 シーズンレギュラー卒業の日となる3月27日にピアノ生演奏を披露することが決定し、初回から番組内での注目度を高めている。

 これにTwitter上のファンから「元気そうでよかった!ピアノのくだり、めちゃくちゃ面白かった」「大昇くん、歌がうまくて芝居も上手なのにバラエティまでイケるのすごいな」「ダンディ坂野さんとの『あっち向いてゲッツ』ゲームで黄色のマント着てたのすごいかわいい」「これから3カ月、本当に月曜が楽しみ」といった声があがり、トレンドワードに「#岩﨑大昇」が入るなど反響が広がった。

 岩崎は歌唱力に定評がある一方、なにわ男子・道枝駿佑の主演で昨年4月期に放送されたドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)でレギュラーキャストに抜擢されるなど演技の評価も高い。『ラヴィット!』へのレギュラー出演でバラエティにも対応できることが証明されれば、今後さらに露出が増えていく可能性がありそうだ。

 「実質的に大喜利番組」などとも評される『ラヴィット!』は、Snow Manの宮舘涼太と佐久間大介が芸人たちとの絡みによって急激に人気と評価をあげるなど、バラエティでの活躍を目指す若手ジャニーズタレントの登竜門にもなっている。この番組で弾けることができれば、バラエティ適応力に太鼓判が押されることになり、そうなれば岩崎個人の飛躍につながるだけでなく、デビュー有力候補といわれる美 少年にも大きなプラスになるだろう。

 美 少年はメンバーの浮所飛貴が一昨年1月からフジテレビ系バラエティ番組『VS魂』(現在は『VS魂グラデーション』)のレギュラーを務めるなどしたことで知名度が突出していたが、今後の『ラヴィット!』での活躍次第で岩崎がそれに並ぶ存在になりそうな気配。さらに、美 少年はSexy Zoneの“後任”としてAOKI「メンズフレッシャーズ」のキャンペーンキャラクターに就任したことが16日に発表されており、いよいよデビューが近づいてきたといえそうだ。

佐藤勇馬

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

最終更新:2023/01/17 07:00

岩崎大昇『ラヴィット!』で驚異のバラエティ対応力発揮!美 少年がセクゾ後任にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真