日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > りんたろー、犬猫好き芸能人から共演NG?

EXIT・りんたろー、“動物虐待ネタ”拡散で犬猫好き芸能人から共演NG指定へ?

EXIT・りんたろー、“動物虐待ネタ”拡散で犬猫好き芸能人から共演NG指定へ?の画像
YouTubeチャンネル「EXIT Charannel 」より

 広域強盗事件の指示役とされる「ルフィ」こと渡邉優樹容疑者が逮捕されたことで、10年ほど前に容疑者と接点があったEXIT・兼近大樹の過去にも世間の関心が集まっている。

 渡邉容疑者は北海道出身で、2012年4月に札幌市で現金約1000万円の入った金庫などが盗まれた事件で、兼近は渡邉容疑者とともに窃盗容疑などで逮捕された。兼近が2021年に発表した自伝的小説『むき出し』(文藝春秋)のなかでもこの事件と思しき出来事が触れられている。

 兼近は2月1日、自身のYouTubeチャンネルで生配信を行い、今回の広域強盗事件と自分はまったく関係ないと強調しつつ、「知り合いだったのは事実」と渡邉容疑者との関係に言及。この日は出演予定だったイヴ・サンローランのイベントにおけるライブ配信が中止となっており、それを受けての自身の生配信だったが、イベントの中止について「現在こうなっているからでしょう。僕が批判されてるから」と述べた上で、「(過去に)何をして何をしてないかよりも、今何をして何をしてないかを批判してほしい」と訴えた。

 問題の広域強盗事件とは関係はなかったものの、しかし今回の件で改めて兼近の過去がクローズアップされることになり、『むき出し』の中に主人公が女子生徒をいじめ、その女子生徒が自殺してしまったという記述があることや、2013年に「よく女の子の腕の骨へし折ってたなー てへへ」とツイートしていたことなどが掘り起こされ、批判の的となっている。なお、『むき出し』のいじめの記述については「あの部分は主人公の妄想の中」「現実と混ぜられるとやはり辛い」と、フィクションだと兼近本人は反論。後者のツイートについても「芸人なりたてでお笑い芸人みたいなことしたくて、ヤンキー弄りみたいなのされてて、ヤバいヤンキー大喜利返しみたいな返しで過激なこといえばおもしろいと思ってた」と弁明している。

 しかし“炎上”はこれだけにとどまらない。今度は相方のりんたろー。の過去の発言が問題視され始めた。

「りんたろー。は2014年6月、ラブレターズ・溜口佑太朗とTwitterでやり取りする流れの中で、『頼むから俺より嫌われないでね!』という溜口のツイートに対し、『俺これからも猫蹴るし、風呂入んないし、ファンに手出すし、陰口クソ言うね!』などと返信。また、2019年12月には『ハイタッチ会』の感想をツイートする中で『エロい体あげるだけのインスタアカウントの事と猫の死体の事を交互に考えて気を紛らわせながらのハイタチ会になりまんた』(※原文ママ)とコメント。ジョークのつもりでしょうが、脈絡なく“猫の死体”といったワードが出てくるのは驚きです。

 さらに、2020年9月の『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)では、みちょぱのプライベートにまつわるクイズが出され、“彼氏との一番小さなケンカは?”という問題に大喜利的な解答をする流れの中で、『彼氏がみちょぱの愛犬を蹴った』と答え、みちょぱをドン引きさせてもいます。極めつけは、2021年7月にアップされたYouTube動画。保護猫カフェで『どちらが猫に愛されるか対決』をした際、企画についていきなり『猫踏みつぶし対決?』とコメント。いずれもあくまで冗談として言っていることのようですが、10年近くにわたって繰り返し動物虐待的な表現が続いていること、さらにコンビがブレイク後も同様の発言をしているということで、りんたろー。への世間の風当たりは今や兼近以上に強くなっています」(芸能ライター)

 このりんたろー。の“動物虐待ネタ”がネット上に拡散されたことで、今後は動物好きタレントから共演NGを突きつけられる可能性も……。

「中川翔子、仲里依紗、指原莉乃など猫好きタレントは芸能界に多いですが、とりわけ爆笑問題・田中裕二や、動物保護活動をしている坂上忍の溺愛ぶりは有名。たとえ“ネタ”だとしても、こうした発言に対し不快な気持ちになるのは間違いないでしょう。共演者だけでなく、制作サイド、スポンサーにも犬猫好きはいるでしょうし、何よりペットのいる視聴者からの好感度が急落。もし、今後EXITのテレビ露出が激減したならば、それは『ルフィ』だけでなく、“動物虐待ネタ”が原因かもしれません」(芸能ライター)

 りんたろー。は本郷杏奈との結婚後、犬を飼うようになったことを明かしているが、過去の発言をどう感じているだろうか。

大山ユースケ(ライター)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

おおやまゆーすけ

最終更新:2023/02/10 21:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真