日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 柏木由紀が赤裸々に語った「ファン」

柏木由紀が赤裸々に語った「ファン」「エゴサーチ」に対する考え方が興味深い

柏木由紀が赤裸々に語った「ファン」「エゴサーチ」に対する考え方が興味深いの画像1
柏木由紀

 柏木由紀はAKB48に在籍16年になる。5月1日放送のフジテレビ「おかべろ」に出演した時のファンのあり方への考えが耳寄りだった。人気商売はファンが大事でファンから信頼を得るのはものすごく大変だ。それとは逆でファンに好かれ過ぎても問題になるとの発言が興味深かった。

 峯岸みなみが元々ファンであるユーチューバーの東海オンエアのてつやとの結婚で、ファンでも結婚が出来ると思われたらしく、プロポーズが多くなってきたという。「ただのファン」は「ただのファン」だという。峯岸みなみは有名人で成功をしているので「ただのファン」ではないという。有名な人や成功者でないファンは「ただのファン」と称して口説いてくるのは違うと、はっきり言う。

 これは細かく言うとファンなら誰でもいいわけでなく、お付き合いするには選ぶとのことで、どんなファンでも可能性があると受け取っているのは間違いという。学校でその子がクラスメイトと付き合ったら、同じクラスだから俺も行けると思うのは違う。それと同じじゃないだろうか。関係性や相性、条件などクリアしないと恋愛に結びつかないのは人として当然だ。それが普通の恋愛だ。

 ファンと付き合うのはご法度とされるアイドル界、そんな中でもたまにあるファンとの恋愛、それで謹慎処分を受けたアイドルも少なくない。またお笑い芸人になると、同じ芸能界なのでファンとの恋愛はご法度の空気は確かにあるのだが、厳しい取り決めを事務所で行っている事はなく平気でファンと付き合っている芸人も多くいる。実際に知り合いの芸人には、初めて出来たファンと付き合ってそのまま結婚したなんて人もいる。そこまでいけば男気もあり見上げたものだ。1人を大切にするのは別に悪い事ではない。素晴らしいことでもある。

 「ファンがいないと成り立たない事だらけ」と感謝の気持ちも言っている柏木由紀。ファンを否定しない握手会での立ち振る舞い、ファンがオリジナルCDを持ってきたら聞いて感想を言わないといけない。など赤裸々に吐露する。ファンは色々な方がいて、愛情が強いがゆえに面白い人が多い。そんな中で16年在籍したからこそファンに対しても発言をしっかりする柏木由紀は他のメンバーを守る姉さんの役目もこなしている。

 「ファンだから無しだということもない」と正直に言う柏木由紀。また柏木由紀はエゴサーチが止まらないらしい。柏木由紀だと悪口が多いのでゆきりんでエゴサーチをする。誹謗中傷があったら通報するとはっきり言う。これは柏木由紀が珍しいのではなく本来他のアイドルの人も思っているような事を代弁しているようにも感じた。

 人気商売だとファンが出来るのは嬉しいが、行き過ぎた発言も非常に多く、限度なく書かれる事もある。若手のアイドルだとこれをどうしていいかもわからないだろうし、通報しても言わずに終わる。知ってほしいからと過激な発言をするのは一生好かれることはなくなってしまうのでやめた方がいい。未成年だから子供だからと余裕もって悪口を書いていると罰は必ず当たるので悪口を晒されたり、自分が過激な発言をされる対象となったり……。そんなことが無いようにコメントは配慮したほうがいいだろう。グループアイドル現役で柏木由紀のようにはっきり言うポジションは大切で、これからも頑張ってファンの希望となってほしい。今、柏木由紀はAKB48になくてはならない存在かもしれない。

サンミュージック所属のお笑いコンビ「馬鹿よ貴方は」 のツッコミ。コンビのネタ作りを担当するほか、お笑いに対するプロ目線の考察に定評があり、「M-1」などの大会はみずから大会を観覧して分析。自身のYouTubeやライブなどで披露する。中でも「女性芸人」研究家として、東京スポーツで連載を持っている。 YouTubeチャンネル【馬鹿よ貴方は、新道竜巳のごみラジオ】

Twitter:@kPXfF3Xm1jvbLMS

【サンミュージック公式】馬鹿よ貴方はプロフィール

ばかよあなたはしんどうたつみ

最終更新:2023/05/11 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed