日刊サイゾー トップ > インタビュー  > や団は地下でネタを研ぐ
【や団インタビュー】

や団、ついに単独ライブが“即完”非吉本芸人は地下でネタを研ぐ

や団、ついに単独ライブが即完非吉本芸人は地下でネタを研ぐの画像1
写真|二瓶彩、以下同

『キングオブコント2022』で強烈なインパクトを残した遅咲きのトリオ・や団。昨年キングオブコント(以下、KOC)前に行った単独ライブではキャパ250席の会場を100席も余らせてしまったが、KOC後に行った昨年末のベストネタライブ『ベストのや団』では、見事に “即完”してみせたという。

 本間キッド、中嶋享、ロングサイズ伊藤、全員40代という決して若手とは呼べないトリオが所属するのは、ソニー・ミュージックアーティスツだ。バイきんぐ、ハリウッドザコシショウ、錦鯉と遅咲きの先輩の背中を見て芸歴を重ねてきた本格派トリオコント師に目下、挑戦中でもあるKOCやコント師とライブについてきいた。

都市伝説だと思ってました。

ーー7月13日(木)に去年のリベンジとなる座・高円寺での単独ライブ『高円寺リベンジ』(ネット配信有り)を行いますね。

本間 ありがたいことに“即完”でした。あるんですね、即完って。今までに使ったことのない言葉です。

中嶋 都市伝説だと思ってましたよね、即完。

ロング みんな勝手に即完即完って言ってるだけだと思ってたよね。

本間 2022年は100席余りの大赤字って言ってるんですけど、それも関係者・友達を呼びに呼んでの100席余りでした(苦笑)。

中嶋 純粋なファンは20~30人くらいしかいなかったんじゃないですかね(笑)。

ロング それが今年は即完ですから。

ーー(笑)

本間 本当は土日に昼夜二回公演とかやりたいんですけどね。平日ということもあり、かなりビビってこのキャパになりました。

ーーや団さんと言えば、新作コントを作りまくっているイメージがあります。

本間 何カ月かに一回、新ネタライブをやっていて、そこで毎回7本くらい卸しています。年間25本以上は作っていると思います。そこから精査したものプラス新ネタで、単独ライブをやります。その中で良かったものをKOCに持って行きます。

中嶋 マネージャーからは「4分ネタに集中して」って言われていて、僕らみたいに特別な武器がないコント師が売れるには、賞レースに照準を合わせるしかないんです。事務所の先輩たちからも『お前たちは結局、ネタで目立つしかない』って言われています。KOC対策で単独をやっている意味合いも強いので、ぜひ見てほしいです。

ーー単独では長いネタをやったりはしないのですか?

本間 もちろん東京03さんみたいな長尺コントには超憧れます。けど……作り方がわからない(笑)。

中嶋 03さんは基本長いネタなので、KOC(2009)で優勝した時は唯一短くできる2本を選んだだけらしいです。

本間 それで優勝って凄すぎますよ……。

KOC準決勝のコツは 地下で研ぐ。

や団、ついに単独ライブが即完非吉本芸人は地下でネタを研ぐの画像2

ーー2022年は3位という好成績でした。今年もファイナリスト入りは自信あり?

ロング いや……(笑)。

中嶋 ホントに面白い人が多いんですよ。まだまだ隠れている芸人がいっぱいいます。

本間 僕らって準決で7回落ちているんです。それもずーっと決勝に壁の厚さを感じていて、通った去年もウケたという感覚はあったんですけど、どの組もウケていたので正直自信は全然なかったです。

ロング でもめちゃくちゃスベった年でも、発表の時は一丁前にドキドキしたよね。

本間 いや、してないけど(笑)。

ーー準決勝の難しさは?

中嶋 KOCの準決勝って、お客さんの偏りもあるからネタをやるまで結果の想像がつかないんです。準決でウケた組が決勝であんまり、とかもよくありますし。僕らの場合は、準々決勝でウケたのに準決勝が弱いってことが多かったです。

ーーお客さんの偏りとは、具体的にどういうことですか?

本間 一昨年くらいまでは、やっぱり吉本芸人さん好きのお客さんが多かった印象でした。親近感と言いますか、いつも見ている芸人さんが出てきたほうがお客さんも笑いやすいじゃないですか?もしそれほど知名度がなかったとしても、千原ジュニアさんのトークで名前が出てきたコンビだったら『この人たちか!』ってなったりする。そういうところは吉本さんはやっぱり強いです。

 そんな中で僕らみたいな知らないおっさんが3人も出てきたら、前のめりで見られないんですよ。だからまずは『お?面白いかも?』って思わせる作業が必要になってきます。

中嶋 去年は準決勝を新宿文化センター大ホールでやったので、客層が遍らなくなった感じがあって、それも決勝に行けた要因のひとつだったかもしれないです。

ーー『M-1』も含めて、やはり賞レースは吉本所属の方が有利だと感じますか?

本間 やっぱり知名度があった方ほうがウケますよね。でも僕らが有利なこともあるんです。例えば、有名なコンビがルミネtheよしもとで新ネタをやると、キャパも広いし、配信もあるしですぐに消費されちゃいます。だからネタを隠すために、あんまり試行錯誤できない、みたいなことがあるそうなんです。

中嶋 でも僕らが出てるライブなんて、誰も見ていないからいくらやってもネタバレにならない。地下でネタを研げるんです。

ロング 何十回も試したネタでも、準決勝は新鮮に見てくれるから。

や団、ついに単独ライブが即完非吉本芸人は地下でネタを研ぐの画像3

本間 俺らなんて未だに、絨毯敷いただけの会議室みたいなとこでライブやるもんね。

ーー数年前から準決勝は1日目、2日目でネタを2本披露するシステムになりました。ネタ数の多いや団さんは有利なのでは?

本間 いや、苦しいです! 2本揃えるのは本当にキツいです!

ーー1本だけ良いネタが出来た若手よりも、アベレージの高い実力者を選ぶ良いシステムだと思いますが?

本間 いや、周りは関係ないですね。ただ自分たちがキツいです。

ーー(笑)

KOC3位の驚きの金銭事情

や団、ついに単独ライブが即完非吉本芸人は地下でネタを研ぐの画像4

ーー去年の活躍もあって、お笑いだけで食べていけるようになりました?

本間 去年のKOCの後に、バイトは思い切って辞めました。今はギリのギリでやってます。

ロング 僕はバイトは籍だけ残しています。ギャラは安定しないし、ギリギリだから安心できないんです。絶対に大丈夫ってなるまでは、怖くて辞められないです。

中嶋 僕はラーメンが大好きなので、週一でラーメン屋でバイトしています。家も近いので賄いを食べに行ってる感じです。

ーーこれまで辞めたいと思ったことはないんですか?

本間 本当に良くも悪くもではあるんですけど、周りに似たような環境の芸人がたくさんいたのであまりやめたいとは思わなかったです。あと、うちの事務所が遅咲きの芸人さんが多いのもありました。バイきんぐの西村さんが36歳で売れたから、「それまでに売れればいいや~」って思っていたら、今度はハリウッドザコシショウさんが42歳で売れて、そしたらその次に錦鯉の長谷川さんが50歳だったので、ドンドンタイムリミットが伸びちゃって……。

 お笑いは楽しかったので、辛いって言ったらお金がないことくらいですかね。

中嶋 でもないはないなりに、低いところで安定していたから別に気にしてなかったよね。

ロング 僕は中嶋さんがいなかったらヤバかったです。パチンコで負けて中嶋さんに借りるっていうのを繰り返していました。最高で70万円くらい借金があったかな。

中嶋 ロングがや団に入る前に、ロングと全く同じ身長のやつと組んでいたんです。そいつにもお金を貸していて、返ってきたお金をそのまま横流しするようにロングに貸しました。身長からお金のルーズさまでも一緒だったので、全く違和感がなかったです(笑)。

や団、ついに単独ライブが即完非吉本芸人は地下でネタを研ぐの画像5

ーー相方にお金を貸しても、ケンカにならないんですか?

中嶋 いや、もう面白いなってなっちゃいます。僕が3000円貸した直後に目の前で後輩に飯を奢り出した時はビックリしました(笑)。

ロング いや、それはあるじゃない? そういうことも……。

本間 ロングはだいぶ前に10万円くらいする自転車を買ったんです。これからは自転車で移動するって。でも3回くらいしか乗ってるの見たことないです(笑)。

ロング 乗ってみたらバイクのほうが楽だったんですよ。

本間 バイクを持ってるのに、高い自転車も買ってるのがおかしいから。

中嶋 前にロングとルームシェアしてる先輩のとこに遊びに行ったら、わざとらしくロングが『出かけてくるわ』って部屋の奥のほうから自転車を取り出したんです。いや、奥にある時点で乗ってないのバレてるから(笑)。

ーーもっと売れたら、どんな仕事がしたいですか?

本間 僕は大好きなプロレス関連の仕事ですね。桜庭和志さんにお会いしてみたいです。

中嶋 ラーメンが大好きなのでラーメンYouTuberのSUSURU君と共演したいです。これまでにも彼のYouTubeチャンネルに出させてもらったり、たまにLINEしたりはしてるんですけど、一緒にテレビで仕事をしてみたいです。

ロング 僕は稼げればなんでも良いです。僕らの上の世代って女性遊びがすごくて、下はネットを使って上手に稼いでいる世代なんです。でも僕らはちょうどどっちの良い思いも出来ていない。ズルくないですか?だからお金を稼ぐ方法を入手して、稼ぎまくりたいです。

本間 まぁ気持ちはわかるけどね。

や団、ついに単独ライブが即完非吉本芸人は地下でネタを研ぐの画像6

(プロフィール)

や団
本間 キッド(ほんま キッド、1982年生まれ、埼玉県出身)、中嶋 享(なかしま とおる、1982年生まれ、埼玉県出身 )ロングサイズ伊藤(ロングサイズいとう、1981年生まれ、神奈川県出身 )による、お笑いトリオ。SMA NEET Projectに所属。小学校からの付き合いである本間と中嶋ともう一人で結成、一人抜けたところ2007年に伊藤が加入して現在の形に。「キングオブコント2022」で第3位に入り一気に知名度を上げた。

●や団単独ライブ「高円寺リベンジ」(2023年7月13日 座・高円寺2)
「高円寺リベンジ」の配信視聴チケットが発売中!
・料金 2,500円(税込)
・発売中
・視聴期間 7月15日(土)18時00分~7月23日(日)23時59分まで
・購入URLアドレス https://tiget.net/events/250032

さわだ(お笑いライター)

1983年、茨城県生まれ。サッカー、漫画、ドラマ、映画、お笑いなど、なんでも書くライター。

さわだ

最終更新:2023/07/12 19:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真