トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

人気連載

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

迷宮入りした怪事件をメソッド演技で解明する!? 芸能界の闇と舞台がリンクする『貌斬り KAOKIRI』
写真

オススメ情報

「官能的絵画」を殺したのは誰? 春画、1世紀半の不幸なる近代史

現在ブームの春画は、これまで愚劣低俗なものと弾圧されてきた。そんな春画の近代史をたどる!
写真

イチオシ企画

ASKA、覚せい剤で再逮捕!!

ASKAが訴える秘密結社「ギフハブ」による盗聴被害は、やっぱり妄想だったのか?
写真



2012年8月アーカイブ

日刊サイゾーのバックナンバー一覧です。

仏映画史歴代No.2ヒット! ありえない出会いが生んだ、人生の転機『最強のふたり』

 今週紹介する新作映画2本は、人生を楽しむ極意をユーモアたっぷりに描き、笑いの中に自分らしく生きるためのヒントをちりばめた感動コメディだ(いずれも9月1日公開)。
続きを読む
【散歩師・朝井がゆく!】vol.16

豚のおっぱい、山羊のキンタマ……“食べ物界の一発屋”獣肉を食らう!!

 東京・高田馬場に、「豚のおっぱい」や「山羊のキンタマ」を食べられる店がある。分かってる、こんなもの食べずとも、普通の食べ物のほうがおいしいに決まってる。ゲテモノは悲しいかな、試し...
続きを読む
Googleに削除をリクエストしても消されない?

消したはずのヤバいツイートがネットで増殖、完全削除は不可能?

 Twitterは気軽に使えるSNSツールだが、うかつな発言をしたり、間違って個人情報などを晒してしまうと、炎上や信用問題へ発展する危険がある。タイムラインのツイートは刻々と流れて...
続きを読む

「もう言い訳できない……」いよいよ“本当の1ケタ”に突入したNHK大河『平清盛』の暗い見通し

 26日放送のNHK大河ドラマ『平清盛』の平均視聴率が、2度目の1ケタ台となる9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。同ドラマの視聴率はロンドン五輪開催中の5...
続きを読む

「これでもまだ起用しますか?」佐々木希 仕事激減の裏に、テレビ局を駆け回った怪文書の存在が!?

 佐々木希の仕事激減の原因は、怪文書だったのだろうか? 6月ごろ、テレビの情報番組やスポーツ紙などに謎の封書が届いていた。差出人は「真実(まことみのる)」とだけ書かれており、中...
続きを読む

【PR】あの大ヒットスカルプケアシャンプー「メソケア+」につめかえ用が登場!

「スカルプケアシャンプーは高価という現状を覆したい」 今年3月の発売以来、大好評のスカルプケアシャンプー「メソケア+」を販売する株式会社メソケアプラスが、そんな思いから画期的な...
続きを読む

「えーっと……」ドーム公演で見せたAKB48大島優子のニューヘアに、ファンは激しく戸惑い中

 「えーっと……なんというか、気づいた時には愕然としましたね」 渋い表情でそう語るのは40代の男性AKB48ファンだ。
続きを読む
事件発生から6年に及んだ株主訴訟の画期的な結末

ライブドア、賠償金100億払っても資産潤沢? のカラクリ

 衝撃のライブドア事件から6年半あまり。LDH(旧ライブドア)が株主側の請求を「認諾」する手続きをとったため、株主とライブドアの間で争われていた訴訟が、7月18日にようやく終結した...
続きを読む

道徳崩壊の中国 老人路上放置死亡事件の背景に高齢者犯罪の増加?

 道徳崩壊が問題となっている中国で、「またもや」といった事件が発生した。8月27日、北京市朝陽門付近の交差点で、自転車に乗った老人が路上に転倒。周囲には多くの目撃者がいたにもかかわ...
続きを読む

「まさかのDVつながり!?」離婚の真木蔵人 原因となった不倫相手に、歌手・鬼束ちひろが浮上か

 俳優の真木蔵人が先ごろ、モデルのHARUKO(真木明子)と離婚したことが伝えられたが、その原因は妻のTwitterで「真木の浮気」とされている。「私が一番嫌いな感情。愛してい...
続きを読む
鮫肌文殊と山名宏和、と林賢一の「だから直接聞いてみた」 for ビジネス

すき家「200円卵かけご飯」安すぎ! 材料などは安全なの?

 世の中、デフレ流行りである。いろんなものが「え! こんな値段で大丈夫なの!?」っていう信じられない破格の値段で売られている。その波はテレビ業界においても例外ではない。10年前と比...
続きを読む

「ちょっとまずい……」“ママ本”出版予定の元スノーボード五輪選手・今井メロに離婚危機?

 トリノ五輪出場の元スノーボーダー、今井メロが9月に著書『泣いて、病んで、でも笑って』(双葉社)を出版する。 引退後の現在は2児の母として子育てに奮闘しているが、ここに至るまで...
続きを読む

「会長が試合中に2ちゃんねる!?」元世界王者を激怒させたボクシング会場での珍騒動

「仕事中に2ちゃんねるを見るんじゃない!」 関係者が大真面目に怒鳴った、ボクシング界の“珍騒動”が密かに話題となっている。この夏に開催された日本プロボクシング協会主導の興行で、...
続きを読む

「スタッフが横暴すぎる」人気番組『マツコ&有吉 怒り新党』に“怒り心頭”な人が続出中!?

 深夜帯&ほぼ人件費のみという低コストながら10%弱の高視聴率を稼ぐテレ朝系の人気バラエティ『マツコ&有吉 怒り新党』。しかし、そんな人気番組に対して「スタッフが横暴だ」という声が...
続きを読む
1件あたりのお値段は3〜10万円、8億円稼いだ探偵業者も

ソフトバンク契約者情報、ダダ漏れで他社より3割安く買える?

 6月28日、愛知県警は携帯電話契約者の個人情報を探偵業者に漏らしたとして、岡山市のソフトバンクショップ元店長を不正競争防止法違反(営業秘密侵害)の容疑で逮捕し、漏らした相手である...
続きを読む
7枚目シングル『親不孝ベイベー』1万枚セールス突破記念!

「“正統派”アイドルに混じってアイドルフェスに出たい!」勢いに乗る恵比寿マスカッツの野望

「初週売り上げ1万枚を超えなければ、全員で罰ゲーム」という過酷な条件付きで今年6月27日に発売された、アイドルグループ・恵比寿マスカッツの新曲「親不孝ベイベー」(ポニーキャニオン)...
続きを読む
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.186

“世界的な絶滅危惧種”である独裁者に愛の手を!? 政治ネタ&下ネタ満載コメディ『ディクテーター』

 軍需産業で大儲けしたプレイボーイ、二重人格の科学者、70年の眠りから目覚めたバリバリの愛国者、遠い星からやってきた雷神さま……、それぞれピンで活躍していた人気ヒーローたちが“世界...
続きを読む

盛り上がりを見せる脱原発デモの行く末は? 成田闘争に見る、“未決着”市民運動の現在

 毎週金曜日、首相官邸前には数万人ものデモ参加者が足を運び、「脱原発」の声を上げている。8月にはデモ主催者が野田佳彦首相と面会するという快挙を達成し、日本における市民運動が新たな局...
続きを読む
記者はみな他社を落ちて仕方なく入社、フジサンケイグループのお荷物……

産経新聞社員「発行部数水増し、原発賛成はカネになるから!?」

 朝刊発行部数は、大手全国紙5紙の中で最下位となる160万部であり、たびたび経営不振がささやかれ、業績不振で2009年には大規模なリストラも行われた産経新聞(以下、産経)。産経は、...
続きを読む

「建築デザイナーとのツーショット」高嶋政伸と泥沼離婚裁判中の美元に飛び交う怪文書は不倫の証拠?

 リゾート地での休日なのか。短パンにタンクトップという姿の長身美女の横に、同じくジョギングでもしてきたような涼しげな格好をする中年男性。カップルがリゾートホテルの屋外通路を仲良さそ...
続きを読む

自伝にステージパパの「解説と補足」が! 石川遼を悩ませる、父・勝美氏の“毒親”ぶり

 先日、アメリカツアーを終えて帰国したプロゴルファーの石川遼。“特別招待枠”で出場したマスターズや、ギリギリで出場枠に滑り込んだ全米オープンといったビッグタイトルは予選落ち。久々の...
続きを読む

マンU・香川は好スタート! 大津・酒井はベンチ外……サッカー開幕、欧州組の明暗

 日本が大躍進を果たした五輪サッカーの興奮も冷めやらぬまま、海の向こうでは欧州サッカーリーグがすでに開幕している。欧州でさらなるステップアップを果たした選手、欧州初挑戦となる選手、...
続きを読む
頼みの綱は、専業主婦学会員が儲けたFX益からの寄付……

創価学会員「恫喝、ハレンチ…カン違い幹部たちが学会を滅ぼす?」

 公称・827万世帯の会員数を抱え、支持政党・公明党を通じて政界にも大きな影響力を持つ、“宗教界のガリバー”創価学会。学会員たちからの寄付や、「聖教新聞」の発行、書籍出版などから得...
続きを読む

まさに“シンガポール・ドリーム”! 国宝級アート・ディレクターが、憧れの地・日本でブレイク間近

 今年建国47周年という若い母国よりも少しだけ年長のテセウスは、「国宝」(!?)の呼び名さえ持つ、シンガポールを代表するアート・ディレクターだ。歴史の浅いシンガポールのデザイン業界...
続きを読む

「ママタレにもなれず……」2回連続デキ婚の元モー娘。市井紗耶香 迷走はいつまで続く?

 モーニング娘。の元メンバーでタレントの市井紗耶香が26日、自身のブログで7月に一般男性と再婚していたことを発表。さらに、現在妊娠中であることも明かしている。お相手は、9歳年上の美...
続きを読む
がん専門医の80%は、「自分ががんになっても、抗がん剤は使わない」

医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか?

 日本人の死因の3割を占めるといわれる「がん」。がんの三大治療は、「手術」「化学療法(抗がん剤)」「放射線療法」であるが、このうち抗がん剤は、新しい薬剤や有効な投与方法の開発などで...
続きを読む

「ピース綾部との熱愛も自らリーク!?」“エネルギッシュな64歳”藤田紀子 そのパワーの源泉とは

 ピースの綾部祐二と若貴の母・藤田紀子さんの熱愛報道が、予想以上に芸能マスコミを賑わしている。というのも、綾部の「熟女好き」はこれまで“しょせんネタ”と思われていたのだが、今回、紀...
続きを読む

「これはKARAがかわいそう!?」竹島問題で板挟みに……反日スタンスを強要される“出稼ぎ”K-POPアーティストの苦悩

 竹島問題で揺れる日韓両国だが、日本でも人気のK-POPガールズグループKARAが、韓国で猛バッシングを受けている。23日、ソウルで行われた帰国会見で、報道陣から「竹島はどこの領土...
続きを読む

「歌っている最中に続々と観客が帰ってゆく……」a-nation大トリ・浜崎あゆみのステージが地獄絵図に

 毎年恒例の大手レコード会社・エイベックス主催の野外音楽イベント「a-nation」。今年は渋谷を舞台に10日間にわたって行われる都市型イべント「musicweek」と、東京と大阪...
続きを読む
「ダイヤモンド」vs「東洋経済」! 経済誌双璧比べ読み(8月第4週)

リクルートの1兆円上場で不安視されるイケイケ社長!?

「週刊東洋経済 8/25号」の大特集は『リクルートの正体』。9月以降、大型上場案件が次々と控えている。日本航空(JAL)の再上場は9月。西武HDも早ければ年内の再上場が見込まれる...
続きを読む

拉致問題解決は間近!? 金正恩第一書記が日本政府へメッセージ?

 夏バテのせいか、週刊誌にも疲れが見える。中でも連続スクープを連発してきた文春にその色が濃い。今週の売り物は「主犯格は大物女優の娘【いじめ】青学中等部『セレブ子女』」だが、文春らし...
続きを読む
ノーベル賞物理学者や明治の文豪もDQNネームをつけてた?

宇多田ヒカルに村上春樹も! なぜDQNネームが批判される?

 瑠美衣(るびい)、希星(きらら)、亜夢(あむ)、果夢(かのん)、姫凛(ぷりん)、今鹿(なうしか)……。自分の子どもに外来語の当て字やアニメキャラのような名前をつけるDQNネームが...
続きを読む

反日感情高ぶる中国ネット民 竹島問題に関しては日本に同情的だった!?

 香港活動家らによる尖閣諸島上陸事件に端を発する反日デモが全土で散発している中国。中国のネット上でも、日本製品不買の呼びかけや、「小日本」「日本鬼子」といったお決まりの罵詈雑言が飛...
続きを読む

【小明の副作用】第56回生放送アーカイブ「あかふくを見て映画館へゆこう」

放送開始直前に比較的高価な機材が2つ、台から落下して使用不能になった今回。ぶっちゃ生放送は絶望的かと思われましたが、なんとか「もぐもぐの声が遠い」くらいの不具合で済みました。北村さ...
続きを読む
テレビ辛口研究所

「ジャニーズもワースト記録更新確実!?」夏ドラマの視聴率が全局壊滅状態の深い理由

 夏クールのドラマが、瀕死状態に陥っている。 8月25日時点で発表されている視聴率をもとにすると、平均視聴率トップは『GTO』(フジ/主演・AKIRA)の13.4%(ビデオリサ...
続きを読む

「酔って米倉涼子にバレエを躍らせる」女優・小泉今日子が「小泉会」で“酒豪”全開も、地元に帰ると……

 今年で芸能生活30周年を迎えた歌手で女優の小泉今日子。今年1月クールではドラマ『最後から二番目の恋』(フジテレビ系)に中井貴一とW主演し、日本の放送文化に貢献した優秀な番組・個人...
続きを読む
ソネットエンタテインメントの株がストップ高

ソネットを完全子会社化したソニー 次のねらいはニフティ!?

 インターネット接続事業を手掛けるソネットエンタテインメントの株に、買い物が殺到し3日連続のストップ高となった。8月15日に、2万4000円高の56万6000円で4日ぶりに値段がつ...
続きを読む

「また火だるま」2軍戦4登板全KO、コミュニケーションも取れず……日本ハム斎藤佑樹の深まる孤立

 25日に行われたプロ野球日本ハム-ヤクルトの2軍戦で“ハンカチ王子”斎藤佑樹が先発。6回までに11安打7失点を喫して敗戦投手となった。7月30日に2軍に降格してから4度目の登板と...
続きを読む
お笑い評論家・ラリー遠田の【この芸人を見よ!】第111回

COWCOW 板の上で鍛え上げられた“スベリ知らず”の「間合いと顔芸」

 多くの吉本芸人がテレビで活躍する現在でも、彼らの主戦場が舞台であることは変わらない。吉本では、どんなに売れっ子の芸人であっても、ほぼ例外なく定期的に劇場に出演しなければいけない。...
続きを読む
トラブル多発のお蔵入り本

わがままタレントと編集者の仁義なき闘いの行方は!? 「発禁本」で泣いた浅田真央ちゃんの”真意”

 今年2月8日にポプラ社から発売予定だった浅田真央の『大丈夫、きっと明日はできる』が発売中止になったことは記憶に新しい。人知れずひっそりと出版されずに終わっていく「お蔵入り本」はな...
続きを読む

むっちりボディーのグラドル・太田千晶が限界ギリギリの露出を披露!!

 タレント、グラビアアイドルの太田千晶が、最新DVD『性善説』の発売を記念して、東京・秋葉原でイベントを行った。...
続きを読む

作業効率化で1億円節約! 激安外食の勝者サイゼリヤの方法論

「外食不況」との声が聞こえて久しい。ランチは500円以内、夜でも1000円以下の食事が当たり前となり、各社ではデフレ時代に対応しようと必死だ。この出口の見えない不況に、外食業界で...
続きを読む

「レコ大の不正は徹底的に暴く」TBS『日本レコード大賞』審査委員からいきなり外された夕刊紙が怪気炎

 TBSが毎年年末に放送している『日本レコード大賞』をめぐって、審査委員の大幅なリストラが行われることになり、関係者の間に激震が走っている。 審査委員は、TBSサイドの『レコ大...
続きを読む

「もうパチンコ営業くらいしか……」小林幸子・美川憲一騒動の背景にある“興行ビジネスの崩壊”

 小林幸子と美川憲一。演歌界きっての大物歌手二人が苦境に陥っている。小林幸子は事務所内紛問題の果てに大手レコード会社・日本コロムビアとの契約を解除し、自主レーベル活動に移行。美川憲...
続きを読む
“オラオラ”って読むんですよ

【亜野芽】原宿系とは気合が違う!! “悪羅悪羅系女子”が夜の街で光り輝く

ここ数年、ギャル→渋原系→原宿系と動いてきたガールズカルチャー。が、その裏で、もっと気合入った女子たちがいるのだ!クラバーやキャバ嬢、外国人観光客などさまざまな人が行き交う、週末の...
続きを読む

日テレジェニック2011・高嶋香帆が「危険すぎる」撮影に挑戦!?

 タレント、グラビアアイドルで日テレジェニック2011の高嶋香帆が5枚目のDVD『香り立つ!』を発売し、東京・秋葉原で記念イベントを行った。...
続きを読む
敏腕編集者から医学部受験、そして女性起業家に

働く女性向けウェブサイトの草分け、カフェグローブが倒産

 女性向けウェブサイト運営の草分け、カフェグローブ・ドット・コム(東京・千代田区)が8月10日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。信用調査会社、東京商工リサーチ調べによると、...
続きを読む

驚きと発見の連続!? ツウな大人の社会科見学『TOKYO 研究所紀行』

 “大人の社会科見学”がブームになって久しい。食品工場やビール工場にはじまり、日清の「カップヌードルミュージアム」のようなテーマパークがオープンするなど、とくに身近なメーカーものが...
続きを読む

リドリー・スコット監督の集大成! “人類史上最大の謎”に迫るSF超大作『プロメテウス』

 例年にも増して大作、秀作、話題作が続々と封切られた今年の夏休み興行も終盤を迎え、いよいよ大トリにふさわしいSF超大作が登場する。『エイリアン』(79)、『ブレードランナー』(82...
続きを読む
危険な位置情報とグーグルマップを合わせた現在地特定サイト

日本でもグーグルマップを使った窃盗犯も出現する昨今に…

 あなたの位置情報サービスが悪用されて、空き巣や誘拐、ストーカーなどの犯罪に巻き込まれるかもしれない。個人情報を使ったサービスを利用する際には、十分に注意が必要だ。8月にオープンし...
続きを読む
ページ上部へ戻る

悩殺グラビアすべて見る

「ハァハァ……」“合法ロリ”Fカップグラドル長澤茉里奈が、ネコちゃんコスプレで……!?
“美尻グラドル”鈴木咲、目指すは“ラッキースケベ”!?「次作があれば……」
Gカップグラドル橋本梨菜は、真っ赤な下着が好み!?「脱いで踊ります」
“ミスフラッシュ2012”小松美咲、はだけて“アレ”が丸出しに!?「すごくセクシーです!」
Hカップグラドル倉田夏希が、ベッドで!?「大人のムードが……」
グラビアアイドル池田ショコラと“イケナイ関係”に!?「すごくセクシーに……」
“北海道の奇跡”手塚せいあが、彼氏とイチャイチャ……!?「かなりセクシーです」
“むっちり美尻”グラドル安枝瞳が、酔った勢いで……!?「これまで以上にセクシー!」
Fカップグラドル藤木美咲が彼氏とイチャイチャ旅行へ!?「気持ちよかったです……」
Hカップグラドル葉月あやが、びしょびしょに濡れて!?「お風呂で……」
新人グラドル森田ワカナ、ベッドの上で!?「まったく逆の私が……」
美尻グラドル小阪貴恵が、生まれて初めての“アレ”を!?「目隠しつきで……」
グラドル大貫彩香「一番セクシーで、エロイ」!? びちょ濡れで“アレ”が……

CYZOトークすべて見る

『俺たち文化系プロレスDDT』マッスル坂井×松江哲明
「この年で愚直に生きるのはマジでツラい!」……けど、俺たちが文化系にこだわる理由