日刊サイゾー トップ > 芸能  > あびる優復活を裏で支える“人形”の影

あびる優復活を裏で支える“人形”の影

20071113_rika.jpg藤井リナちゃんも、これで将来安泰!?

 先日、本サイトで、着せ替え人形「リカちゃん人形」(タカラトミー)の生誕40周年を記念したイベントが開催されたことを報じた(詳細こちら)。このイベント「Lica Linc. Selection」では、人気女性ファッション誌「ViVi」(講談社)の人気モデル、藤井リナ(23)をはじめとする人気モデルが登場、大いに会場を沸かせた。

 しかし、今から5年前、2002年にも、リカちゃん人形生誕35周年を記念するイベントが開催され、なんと人気アイドルによる期間限定限定ユニットが結成されていたことをご存じだろうか? そのユニットの名は「Licca(リッカ)」、メンバーは、あびる優(現在 21)、酒井彩名(同22)、木南晴夏(同22)である。

大手芸能プロも切るに切れない?

「誰にも知られず地味に終わってしまったこのユニットですが、小室哲哉系の音楽プロデューサー・久保こーじがプロデューサーを務め、『get back』『夢見るシャンソン人形』などの曲をリリース、曲も通好みでポップでした。一部のアイドル歌謡オタクからは、非常に評価されているユニットです」(アイドルファン歴20年の男性)

 この3人は、ともに芸能プロダクション、ホリプロに所属。酒井は、96年、深田恭子がグランプリを受賞したホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞受賞し、11歳でデビュー。一部のアイドルファンにはデビュー当初から注目されていたが、その後も、大ブレイクこそしないものの、『エースをねらえ!』(04年)、『女帝』(07年、ともにテレビ朝日)など女優として活躍している。今では、女性ファッション誌「Ray」(主婦の友社)のモデルを務めるかたわら、「Aya na ture」なるウェディングドレスシリーズを企画プロデュースするなど、芸能界の荒波をかいくぐり、地味ながらもそれなりのポジションを築いているといえよう。

 あびるは、ご存じ05年の「窃盗告白事件」で一時は危機に瀕したが、大手芸能プロであるホリプロのパワーゆえか、今では何事もなかったかのように、バラエティー番組などで再び地味に笑顔を振りまいている。

 また、いちばん知られていない木南も、『風のハルカ』(05年、NHK)、『セクシーボイスアンドロボ』(07年、日本テレビ)、『特急田中3号』(07年、TBS)等々、決して消えることなく、地味ながらも女優として生き残っている。

「酒井やあびるは親が資産家らしく、『落ち目のアイドルはすぐに切る傾向のあるホリプロにあっても、絶対に切られないのだ』なんて噂もありますね。しかし、あまりにも地味な木南さえ残っているところを見るとやはり、時代の荒波に翻弄されながらも、地味に、しかし力強く生き残っているリカちゃん人形のご加護なのかもしれませんね(笑)」(同)

 ということは、いま飛ぶ鳥を落とす勢いの芸能プロ、スターダスト・プロモーションに所属する“リカちゃん40周年記念ガール”藤井リナも、少なくとも芸能界から消えていく心配はない?
(編集部)

最終更新:2013/10/11 19:36

あびる優復活を裏で支える“人形”の影のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真