日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 「ファンは泣き寝入り!」アコギなジャニーズ商法の実情

「ファンは泣き寝入り!」アコギなジャニーズ商法の実情

sakamotokun.jpg舞台『ボーイ・フロム・オズ』をひかえる
坂本クン。チケットの行方は……?

 リリースするシングル、アルバムが軒並み順調な売上を見せているジャニーズ事務所。タレント自身の人気もさることながら、カップリング曲やジャケットデザインを微妙に変えて複数枚売り出すことで、売上枚数を増やしているのは周知の通り。

 たとえばKAT-TUNのデビューシングル「Real Face」では、各メンバーがそれぞれセンターに位置するジャケット違いの初回限定盤6種+通常版をリリースし、累計売上枚数104万枚を計上。同年、関ジャニ∞もメンバー7人のイメージカラーのミサンガを特典にした7種類のシングル「関風ファイティング」をリリースしている。全種類集めたくなるファン心理を利用したなりふり構わぬ商法に、苦笑する関係者も多かったという。

 そんなジャニーズ事務所だが、ファン心理を巧みに利用した商法はコンサートや舞台などのチケット販売でも発揮されている。


「10月から、トニセンがひとりずつ主演を務める舞台があるんですが、『スペシャルトリプルチケット』での申込案内が届きました。これは、一度の申し込みで、トニセンの舞台3公演を同時に申し込めるというもの。最初から全部見に行く予定のファンは手数料が1/3で済むからトクですけど、逆に落選したら全滅ですよね。絶対行きたい人は単独で複数公演申し込むことになると思います。しかもこのチケット、デザインが特製のフォト仕様になってるから、どうしようか迷っている人の後押しにもなるはず。今年はトニセン、V6がコンサートを立続けに行ったので、トニセンファンはただでさえ金欠なんです。そこでこんな売り方を考えたんでしょうけど……」(古くからのトニセンファン)

 これまでにも、チケットが落選した際には手数料とは別に『返金手数料』まで引かれることから、「チケットが手に入らないのに1000円近く取られるなんてまるで詐欺」という苦情も多く寄せられていたコンサート事務局。最近は『おまとめ返金』と称して、2公演以上落選した場合に手数料が850円のみになるサービスもスタートしたが、「3公演落選したのに、1公演と2公演にわかれて返金された。どういう基準でまとめてるのかナゾ」という声もあり、まだまだシステムが完全に機能しているとは言えないだろう。

 とはいえ、こうした不満も「苦情を言ったらチケット運が悪くなりそうだから」と泣き寝入りする人がほとんどとか。ジャニーズのファンクラブの名称は「ジャニーズファミリークラブ」。ファンのことを本当に家族のように思ってくれているのなら、もっとやり方があると思うのだが……。
(サイゾー公式携帯サイト「サイゾー裏チャンネル」より)

VIBES初回限定盤)

全7曲収録のボリュームCD付DVD。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 嵐・大野智『大麻で3P』報道でジャニーズ崩壊危機!?
【関連記事】 「死んだらええねん!」関ジャニすばる騒動は結局黙殺!?
【関連記事】 ジャニ随一の“おばかキャラ”小山慶一郎に期待!

最終更新:2018/12/11 13:26

「ファンは泣き寝入り!」アコギなジャニーズ商法の実情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

堤真一演じる”平岡円四郎、実はコミュ障

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真