日刊サイゾー トップ > 社会  > また沖縄…村上ファンド関係者・持永哲志の水死に拭えぬ不安

また沖縄…村上ファンド関係者・持永哲志の水死に拭えぬ不安

「そのまんま東の対抗馬が沖縄で水死したみたいです」

「名前は?」

「警察は『モチナガ』と言っています」

 6日夜、現場記者とそんなやりとりを交わした社会部デスクは、ヒヤッと背筋に冷たいものを感じたという。モチナガとは、フルネームで持永哲志。この人物、ただならぬ過去があることを思い出したからだ。

 地元警察の発表によると、6日午前10時前、世界最大級といわれる沖縄美ら海水族館にほど近い海水浴場で、東京都世田谷区に住む会社員持永氏が身体を硬直させたまま浮かんでいるところを発見された。病院に運ばれたが8時間後に死亡。48歳の若さだった。

 妻と子どもたち家族4人で遊びに来ていた持永氏は、エメラルド海岸ともいわれるマリンブルーの映える海水浴場に飛び込むと、クラゲ防止用のネットが張ってある25メートル先の沖合まで泳ぎ、ほどなく動かなくなったところを目撃されていた。

 この持永氏、2007年1月に行われた宮崎知事選で、そのまんま東こと東国原英夫・宮崎県知事と争ったことは知られているが、実は、もう一つの顔がある。

「かれは、村上ファンド事件で逮捕された村上世彰と同期だった元通産官僚。村上ファンドの主宰する“同期ファンド”に投資していて、ゼロ金利のこのご時世に2割の運用益を手にしていた間柄。持永は2度の衆院選出馬に破れ、知事選に転じていて、とにかく政界進出にこだわった人物。村上が若手議員のタニマチになっていたことは知られているが、その筆頭格がこの持永だったんだ」(社会部デスク)

 村上ファンドの政界工作資金にまみれていた持永氏。沖縄では、ライブドア事件でも証券マン野口英昭さんの怪死が起きて騒がれただけに、社会部デスクは持永氏の「水死」に一抹の不安をぬぐえないでいる。

トップに戻る

マネーゲーム崩壊 ライブドア・村上ファンド事件の真相

真相や、いかに。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 原油高でボロ儲け!? ゴールドマン・サックスの“罪”
【関連記事】 日本経済を破壊する“巨艦”メガバンクがついた嘘の正体
【関連記事】 名門ゴルフ場の不振に見るヒルズ族たちの凋落とは!?

最終更新:2008/08/11 20:01
こんな記事も読まれています

また沖縄…村上ファンド関係者・持永哲志の水死に拭えぬ不安のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

 障害を抱えた兄妹が、犯罪に手を染めることで生きていく。片山慎三監督のデビュー作『岬...
写真