日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 松本人志監督・主演第2作『しんぼる』 閉塞状況の中で踊り続ける男の悲喜劇
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.30

松本人志監督・主演第2作『しんぼる』 閉塞状況の中で踊り続ける男の悲喜劇

simbol_main.jpg白い部屋に閉じ込められた主人公の奇妙な体験を描いた松本人志監督作『しんぼる』。
前作『大日本人』では世間から注目される男の葛藤をドキュメンタリータッチで
描いたが、『しんぼる』では監督自身の内面世界がより明確に映し出される。
(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.2009

 興行収入12億円を収めた『大日本人』(07)に続く、松本人志監督第2作『しんぼる』が9月12日(土)から公開される。カンヌ映画祭でプレミア上映された前作『大日本人』は国内では試写を行なわないという奇襲戦法をとったが、さすがに2度は使えず、今回は7月後半からマスコミ向け試写が設けられた。しかし、「お客さんにはニュートラルな気持ちで映画を観てほしい」という松本人志監督の意向があり、作品内容は基本設定以外は触れないようにとのお達し付き。映画宣伝のために松本人志は活字媒体に頻繁に登場しているが、インタビューの多くが禅問答のような抽象的なやりとりになっているのはそのためだ。

 マスコミで紹介が許されている『しんぼる』のシノプスは以下の通り。水玉柄のパジャマを着た男が目を覚ますと、四方を白い壁に囲まれた部屋に閉じ込められていた。ここはどこか? なぜ男は閉じ込められているのか? 男は何者なのか? 説明はまったくなし。男は部屋からの脱出を試みるが、出口は見当たらない。だが、壁に触れてみると、壁から”あるもの”が現れる。一方、メキシコのとある町。父親が覆面レスラーであることを除けば、ごく普通の家庭が登場する。子どもを学校に送り出す、平凡で幸福な日常生活。だが、レスラーと妻はその朝、なぜか奇妙な胸騒ぎを感じていた。その胸騒ぎの原因は……、というもの。松本人志自身が演じるパジャマ男のいる白い部屋と荒涼とした背景のメキシコで起きるドラマが並行して描かれる。出演は松本人志を除いて、無名の外国人たちというキャスティングだ。

simbol_sub01.jpgスタンリー・キューブリック監督作品を思わ
せる”白い部屋”に閉じ込められたパジャマ男
(松本人志)。『キューブ』(97)や『ソウ』
(04)といった密室スリラーに通じる異様な
緊張感が漂う。

 映画の主人公は基本的に監督の心情が投影された、監督の分身と考えていい。『しんぼる』では松本人志が主演も兼ねることで、テレビでは見せることのない本人の内面世界がよりむき出し状態で映し出される。観ている側は『マルコヴィッチの穴』(99)ならぬ、『松本人志の穴』に潜り込んだような奇妙な感覚に陥る。

『しんぼる』と名付けられた本作で、白い部屋やパジャマ男は何を象徴しているのだろう。パジャマ男は”城”から自由に出ることができずにいる”笑いの王さま”なのか、それとも”笑いの神さま”に選ばれ、神殿に召還された”道化師”なのか。白い部屋にぽつんと佇むパジャマ男の哀愁は、笑いの世界で天下を獲って久しい松本人志のコドクそのものだ。白い壁に向かって刺激を与えれば、トンチンカンなリアクションが返ってくる。自分の意図とはかけ離れたものだが、とりあえず白い部屋に留まれば、餓死する心配はないらしい。しかし、白い部屋にいる限り、自分が何者であるか確かめる手だてもない。やがて、パジャマ男は閉じた世界で自分なりに考えることを身に付け、外の世界への脱出を試みる。

『ダウンタウンのごっつええ感じ』(91~97年、フジテレビ系)が番組最高視聴率24.2%を獲ったのは95年。日本武道館で単独ライブも成功させ、松本人志が日本のお笑い界のトップに立ち、”笑いのカリスマ”であることを名実共に明らかにした年でもある。しかし、トップランナーは同じ場所に留まることはできない。テレビ局側のお笑いに対する理解の低さから、『ごっつええ感じ』は自分から打ち切り、その後は時間とお金をかけたお笑い=コント発表の場をオリジナルビデオ『VISUALBUM』(98~99年)に移す。さらにその中の一編『巨人伝説』は『大日本人』のベースとなり、松本人志は自分が納得できる笑いを創作する場を映画界に求めることになる。その間、テレビの世界は風向きが変わることもなく、より表現の規制は厳しくなり、不況から製作費も削減。テレビというオモチャ箱の中で長年戦ってきた松本人志のいらだちが『しんぼる』全体から伝わってくる。

 松本人志と小学校時代からの付き合いで、『大日本人』に続き『しんぼる』にも脚本家として参加した放送作家の高須光聖氏に、2008年の暮れにコメントをもらう機会があった。高須氏はテレビの現状をこう語った。

「バラエティー番組って、企画会議から楽しいんです。構成作家やスタッフが集まって、『こんなことをやってみたい。こんなことをやったら最高にくだらないよな』とか自分の思い描いたイメージを言葉で懸命に伝えるのが面白いんです。視聴率を稼ぐことよりも、まだ誰もやっていないことをやることに、みんな熱くなっていた。でも今のテレビの製作現場は不況の影響もあって、『無駄な話はいいから、具体的な打ち合わせをやろう。タクシーチケットがもったいないし、早く終わらせよう』といった感じです。面白いことを追求しようとする者には、辛いものがありますよ」

 高須氏の感じている歯痒さは、松本人志ほか多くのクリエイターたちが感じていることだろう。この数年間、伝説のバラエティー番組を手掛けてきた才人たちがテレビから映画に活動の場を移している。『おくりびと』(08)の脚本家・小山薫堂氏は『カノッサの屈辱』『料理の鉄人』『お厚いのがお好き』(すべてフジテレビ系)の構成作家で
あり、『転々』(07)、『インスタント沼』(09)などで映画界に新しい笑いのスタイルを持ち込んでいる三木聡監督も『ごっつええ感じ』、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)などの構成作家として活躍したキャリアを持つ。近年の日本映画のジャンルの幅広さは、テレビ、CM、アニメ、演劇などの世界から様々な才能が流れ込んだことが一因となっている。表現の自由が許されている媒体に、才能は集まる。

 筆者の個人的な願望だが、松本人志にはお笑いというジャンルにとらわれずにさらに自由に映画を撮ってもらいたい。『ごっつええ感じ』で松本人志が扮していた”トカゲのおっさん””産卵する半魚人”の不気味さをホラー映画に活かしてほしい。韓国のポン・ジュノ監督の怪獣映画『グエムル 漢江の怪物』(06)のように、恐怖と笑いが混在した世界を日本で撮れるのは松本人志ぐらいではないか。感情が破裂する瞬間を描くことでは、笑いとホラーは非常に似ている。ぜひとも松本人志が撮った不条理極まりないホラー映画を観てみたいものだ。

 さて、閉じた世界からの脱出を図ったパジャマ男は、その後どうなるのだろう。『しんぼる』を見終えて、ある故事を思い浮かべた。『井の中の蛙、大海を知らず。されど空の青さを知る』。空の色は、空を仰ぐ者の心情の写し鏡でもある。松本人志にとって空の染み入る青さとは、芸事の深遠さであることは言わずもがなだ。
(文=長野辰次)

simbol_sub2.jpg

『しんぼる』
企画・監督・主演/松本人志
脚本/松本人志、高須光聖
企画協力/高須光聖、長谷川朝二、倉本美津留
出演/デヴィッド・キンテーロ、ルイス・アッチェネリ、リリアン・タビア、アドリアーナ・フリック、カルロズ・トレーズ、イヴァン・ウォン、ミステルカカオ、サラム・ジャーニュ
製作/吉本興業
配給/松竹
9月12日(土)より全国ロードショー
<http://symbol-movie.jp/>

大日本人

賛否両論

amazon_associate_logo.jpg

●深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】INDEX
[第29回]シビアな現実を商品化してしまう才女、西原理恵子の自叙伝『女の子ものがたり』
[第28回]“おねマス”のマッコイ斉藤プレゼンツ 不謹慎さが爆笑を呼ぶ『上島ジェーン』
[第27回]究極料理を超えた”極地料理”に舌鼓! 納涼&グルメ映画『南極料理人』
[第26回]ハチは”失われた少年時代”のアイコン  ハリウッド版『HACHI』に涙腺崩壊!
[第25回]白熱! 女同士のゴツゴツエゴバトル 金子修介監督の歌曲劇『プライド』
[第24回]悪意と善意が反転する”仮想空間”細田守監督『サマーウォーズ』
[第23回]沖縄に”精霊が暮らす楽園”があった! 中江裕司監督『真夏の夜の夢』
[第22回]“最強のライブバンド”の底力発揮! ストーンズ『シャイン・ア・ライト』
[第21回]身長15mの”巨大娘”に抱かれたい! 3Dアニメ『モンスターvsエイリアン』
[第20回]ウディ・アレンのヨハンソンいじりが冴え渡る!『それでも恋するバルセロナ』
[第19回]ケイト姐さんが”DTハンター”に! オスカー受賞の官能作『愛を読むひと』
[第18回]1万枚の段ボールで建てた”夢の砦”男のロマンここにあり『築城せよ!』
[第17回]地獄から甦った男のセミドキュメント ミッキー・ローク『レスラー』
[第16回]人生がちょっぴり楽しくなる特効薬 三木聡”脱力”劇場『インスタント沼』
[第15回]“裁判員制度”が始まる今こそ注目 死刑執行を克明に再現した『休暇』
[第14回]生傷美少女の危険な足技に痺れたい! タイ発『チョコレート・ファイター』
[第13回]風俗嬢を狙う快楽殺人鬼の恐怖! 極限の韓流映画『チェイサー』
[第12回]お姫様のハートを盗んだ男の悲哀 紀里谷監督の歴史奇談『GOEMON』
[第11回]美人女優は”下ネタ”でこそ輝く! ファレリー兄弟『ライラにお手あげ』
[第10回]ジャッキー・チェンの”暗黒面”? 中国で上映禁止『新宿インシデント』
[第9回]胸の谷間に”桃源郷”を見た! 綾瀬はるか『おっぱいバレー』
[第8回]“都市伝説”は映画と結びつく 白石晃士監督『オカルト』『テケテケ』
[第7回]少女たちの壮絶サバイバル!楳図かずおワールド『赤んぼ少女』
[第6回]派遣の”叫び”がこだまする現代版蟹工船『遭難フリーター』
[第5回]三池崇史監督『ヤッターマン』で深田恭子が”倒錯美”の世界へ
[第4回]フランス、中国、日本……世界各国のタブーを暴いた劇映画続々
[第3回]水野晴郎の遺作『ギララの逆襲』岡山弁で語った最後の台詞は……
[第2回]『チェンジリング』そしてイーストウッドは”映画の神様”となった
[第1回]堤幸彦版『20世紀少年』に漂うフェイクならではの哀愁と美学

最終更新:2012/04/08 23:08

松本人志監督・主演第2作『しんぼる』 閉塞状況の中で踊り続ける男の悲喜劇のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

日本人の歪んだ愛国心に未来は?

 昨年刊行された『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)という本がある。タイト...
写真