日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > “女神降臨”ペ・ドゥナの裸体が神々しい 空っぽな心に響く都市の寓話『空気人形』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.33

“女神降臨”ペ・ドゥナの裸体が神々しい 空っぽな心に響く都市の寓話『空気人形』

kuukiningyo01.jpg業田良家の短編集『ゴーダ哲学堂 空気人形』をペ・ドゥナ主演で映画化。
鉄腕アトムが”科学の子”、大魔神が”怒りの権化”として生を受けたように、
空気人形は”恋人の代用品”としてこの世に生まれた。
撮影/瀧本幹也(c)2009業田良家/小学館/『空気人形』製作委員会

 泣ける四コマ漫画『自虐の詩』で知られる業田良家のわずか20ページの短編コミックに、『誰も知らない』(04)、『歩いても歩いても』(08)の是枝裕和監督が息を吹き込み、魅力的なひとりのヴィーナスが誕生した。『空気人形』のヒロイン・空気人形を演じる韓国の実力派女優ペ・ドゥナの裸体が眩しい。15世紀にボッティチェリが描いた名画『ヴィーナスの誕生』は貝殻の上に生まれた初々しい女神を神々が祝福しているが、ビニールでできたヴィーナスは独身の中年男・秀雄(板尾創路)の万年床の上で生まれる。誰からも祝福されるわけではないが、生まれたばかりで濁りのない彼女の瞳には雨上がりの都会の朝はとてつもなく輝いて映る。本作が内包している社会的テーマはとりあえず置いといて、何はともかくペ・ドゥナの美しい裸に目を奪われる。また、それが本作の素直で正しい接し方だろう。

 山下敦弘監督の『リンダ リンダ リンダ』(05)でブルーハーツを熱唱し日本でも人気のペ・ドゥナは、韓国ではすでに『プライベートレッスン 青い体験』(01)、パク・チャヌク監督の『復讐者に憐れみを』(02)で大胆なヌードを披露しているが、出演作ごとに瑞々しさを失わない希有な女優だ。大河コミック『ガラスの仮面』の天才女優・北島マヤは作中劇で瞬きをしない人形を演じたが、ペ・ドゥナも空気人形が心を持った瞬間の静から動への切り替わり、また空気が抜けて萎んでいく姿を巧みに演じる。官能的という点では、ペ・ドゥナに軍配を上げていいかもしれない。

 2006年にサイゾー本誌でペ・ドゥナをインタビューした際に、韓国版『リング』(99)の貞子役で映画デビューしたことに触れると、「真冬の撮影で、井戸の中の冷たい水の中に長時間潜っていました。死体の役だったので、息もできなかったんです。でも、お陰で免疫ができました。デビュー作でハードな目にあったんで、その後どんな役を演じてもヘッチャラなんです」とケラケラと笑いながら答えてくれた。

『リンダリンダリンダ』のヒットで日本からのオファーも多いでしょ? と尋ねると、「日本は大好きだけど、日本語があまりうまくないんで、どうしても役が限られちゃうんです」と一転して、しょげた顔を見せる。表情がクルクルと変わり、ひと時もインタビュアーとカメラマンを退屈させない。チャーミングでクレバーな女性だった。映画監督なら一度は起用してみたい女優だろう。たどたどしい会話しかできない空気人形の役は、是枝監督がペ・ドゥナの初主演作『ほえる犬は噛まない』(00)を観て以来、彼女を日本に招くために探し続けてきた役と言える。そして、ペ・ドゥナは監督のそういう想いを汲み取って、どんな役にも染まってみせる”よりしろ”のような女優なのだ。

kuukiningyo02.jpg恋人に振られた痛手から生身の人間を愛せなくな
ってしまった秀雄(板尾創路)。『女の子もの
がたり』の継父、『蘇りの血』(12月公開)の
あの世の門番とどの作品でも秀逸な芝居を見せ
ている板尾は、もはや名優と呼んでいい存在だ。

 人間を愛せなくなってしまった秀雄に毎晩愛され続けた空気人形は、その結果持ってはいけない”心”を持ってしまい、街へと飛び出す。やがて空気人形はレンタルビデオ店で働き始める。バイト仲間の純一(ARATA)をはじめ、街の人たちは人間のふりをした彼女をすんなりと受け入れる。それは、みんな心の中は空っぽで、空気人形と似た者同士だから。ただ違うのは、生まれたばかりの空気人形には世界は美しく感じられるのに、街の人たちは大人も子どもも人間関係に疲れ、なるべく本音は表に出さないように生きている。ひとりぽっちは嫌だけど、他人から傷つけられるのはもっと嫌だから。そのうち人間たちは隠していた心をどこに仕舞っていたのか忘れてしまい、本当に空っぽになってしまう。ドーナツのように穴が空いていることが当たり前になり、もう誰も気にしない。

 映画『空気人形』は再開発から取り残された東京の湾岸地帯に暮らす人々のコドクな生活を俯瞰して描いた物語だ。その一方、地球の裏側では自分の信じる神さまと愛する家族を守るために血を流し続ける人たちがいる。フィクションの映画を観ることで辛うじて自分に感情があることを確認している人間と、愛するもののために赤い血を流す人間と一体どちらが幸せなのか。もしも空気人形が戦場で生まれたのなら、銃撃戦の閃光や瓦礫と化した廃墟を見て、美しいと感じるのか。心が空っぽになってしまった人間には、もはやその答えはわからない。

 是枝監督の意欲に触発されたかのように、原作者の業田良家は『空気人形』とモチーフの通じる『新・自虐の詩 ロボット小雪』(竹書房)を2008年に発表している。主人公は恋人用ロボット。空気人形はおへそから空気を吹き込むようになっていたが、ロボット小雪もおへそから充電する。その姿がすごくセクシーだ。持ち主である高校生の拓郎やその友人たちと一緒に過ごすうちに、小雪もやはり”心”を持ってしまう。汚れのない心を持つ彼女は人間社会の矛盾点に憤り、政府当局から危険物と目される。闘うことを忘れた人間の代わりにロボットたちが乾いた血を流す、哀しい革命の物語だ。空気人形もロボット小雪も、余計な心など持たなければ半永久的に形状を維持できたのに、それでも空気人形も小雪も自分に寿命があることを笑顔で受け入れる。死ぬということは生きていたという証だからだ。

 ”よりしろ”としての人形やロボットにどれだけ愛情を注げば、心が宿るのだろうか。その答えはファンタジー作家に委ねるとして、その逆のパターンはありうると即答できる。人間を動物扱い、物扱いすれば、その人間は簡単に動物や物に変貌していく。そして、そのように扱った家族や上司や教師たちに動物のように噛み付き、鋭利な刃物のように突き刺さっていく。やはり空気人形と人間は限りなく似た存在らしい。
(文=長野辰次)

kuukiningyo03.jpg
●『空気人形』
原作/業田良家『ゴーダ哲学堂 空気人形』(小学館、竹書房) 監督・脚本・編集/是枝裕和 撮影監督/リー・ピンビン 出演/ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、オダギリジョー、髙橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里、寺島進、富司純子 配給/アスミック・エース 9月26日(土)より渋谷シネマライズ、新宿バルト9ほか全国順次公開 R15+ 
http://www.kuuki-ningyo.com

頑張れ!グムスン

ペ・ドゥナ出ずっぱり。

amazon_associate_logo.jpg

●深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】INDEX
[第32回]電気仕掛けのパンティをはくヒロイン R15コメディ『男と女の不都合な真実』
[第31回]萩原健一、松方弘樹の助演陣が過剰すぎ! 小栗旬主演の時代活劇『TAJOMARU』
[第30回]松本人志監督・主演第2作『しんぼる』 閉塞状況の中で踊り続ける男の悲喜劇
[第29回]シビアな現実を商品化してしまう才女、西原理恵子の自叙伝『女の子ものがたり』
[第28回]“おねマス”のマッコイ斉藤プレゼンツ 不謹慎さが爆笑を呼ぶ『上島ジェーン』
[第27回]究極料理を超えた”極地料理”に舌鼓! 納涼&グルメ映画『南極料理人』
[第26回]ハチは”失われた少年時代”のアイコン  ハリウッド版『HACHI』に涙腺崩壊!
[第25回]白熱! 女同士のゴツゴツエゴバトル 金子修介監督の歌曲劇『プライド』
[第24回]悪意と善意が反転する”仮想空間”細田守監督『サマーウォーズ』
[第23回]沖縄に”精霊が暮らす楽園”があった! 中江裕司監督『真夏の夜の夢』
[第22回]“最強のライブバンド”の底力発揮! ストーンズ『シャイン・ア・ライト』
[第21回]身長15mの”巨大娘”に抱かれたい! 3Dアニメ『モンスターvsエイリアン』
[第20回]ウディ・アレンのヨハンソンいじりが冴え渡る!『それでも恋するバルセロナ』
[第19回]ケイト姐さんが”DTハンター”に! オスカー受賞の官能作『愛を読むひと』
[第18回]1万枚の段ボールで建てた”夢の砦”男のロマンここにあり『築城せよ!』
[第17回]地獄から甦った男のセミドキュメント ミッキー・ローク『レスラー』
[第16回]人生がちょっぴり楽しくなる特効薬 三木聡”脱力”劇場『インスタント沼』
[第15回]“裁判員制度”が始まる今こそ注目 死刑執行を克明に再現した『休暇』
[第14回]生傷美少女の危険な足技に痺れたい! タイ発『チョコレート・ファイター』
[第13回]風俗嬢を狙う快楽殺人鬼の恐怖! 極限の韓流映画『チェイサー』
[第12回]お姫様のハートを盗んだ男の悲哀 紀里谷監督の歴史奇談『GOEMON』
[第11回]美人女優は”下ネタ”でこそ輝く! ファレリー兄弟『ライラにお手あげ』
[第10回]ジャッキー・チェンの”暗黒面”? 中国で上映禁止『新宿インシデント』
[第9回]胸の谷間に”桃源郷”を見た! 綾瀬はるか『おっぱいバレー』
[第8回]“都市伝説”は映画と結びつく 白石晃士監督『オカルト』『テケテケ』
[第7回]少女たちの壮絶サバイバル!楳図かずおワールド『赤んぼ少女』
[第6回]派遣の”叫び”がこだまする現代版蟹工船『遭難フリーター』
[第5回]三池崇史監督『ヤッターマン』で深田恭子が”倒錯美”の世界へ
[第4回]フランス、中国、日本……世界各国のタブーを暴いた劇映画続々
[第3回]水野晴郎の遺作『ギララの逆襲』岡山弁で語った最後の台詞は……
[第2回]『チェンジリング』そしてイーストウッドは”映画の神様”となった
[第1回]堤幸彦版『20世紀少年』に漂うフェイクならではの哀愁と美学

最終更新:2012/04/08 23:08

“女神降臨”ペ・ドゥナの裸体が神々しい 空っぽな心に響く都市の寓話『空気人形』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の国葬に「れんほー!」

 今週のホットなニュース・トピックをピッ...…
写真
インタビュー

「行くぞ、てめぇら!で行けなかったんです」

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真