日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 矢口の仕事は「ファミ通」だけ!?

レギュラー全滅危機の矢口真里「ファミ通」連載だけは「ぜひ続けたい」と編集部も……

sentou0606.jpg『銭湯の娘!?DVDBOX』(ポリドール映像販売会社)

 不倫騒動の渦中にいるタレントの矢口真里(30)が、続々とレギュラー番組を降板し、今後のタレント生命が心配されている。

 現在、矢口は急性胃腸炎で休養しており、生番組を先月から休んでいたが、所属事務所は4日、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)、『ゴゴスマ~GO GO!Smile!~』(CBC)、『女子力cafe~やぐちんげーる~』(アメスタ)の3番組の降板を発表。

 CMキャラクターを務めるゼリア新薬も5日、「一連の騒動」を理由に商品公式サイトから彼女の写真を削除し、「降板を検討中」としている。

 また、残りの『福島をずっと見ているTV』(Eテレ)、『ジョブチューン』(TBS系)の2本の今後についても「協議中」としており、不定期で出演していた『アッコにおまかせ!』(同)も、このままフェードアウトする可能性が高そうだ。

 テレビのレギュラーが全滅となると、残っている仕事は連載コーナーを持つゲーム誌「週刊ファミ通」(エンターブレイン)のみ、ということになる。

 ちなみに、不倫報道直後に発売された同誌の連載で、矢口はゲーム『トモダチコレクション 新生活』(任天堂)を紹介。「4月30日は旦那さんの誕生日☆だから、盛大なパーティーをやりましたよ~」と、ゲームの仮想世界の中で、自分や夫を模したキャラクターたちがケーキを囲む画像を紹介したため、「もう別居してただろ」「現実世界とのギャップw」などと読者から失笑を買っていた。

 また、最新号(6月6日発売)では、「連載200回越え記念企画」として、矢口とゲームクリエイターの対談を掲載。矢口は終始相打ちを打っているだけで、当たり障りのない内容となっている。200回以上も続いたこの連載も、テレビ同様に打ち切りとなってしまうのだろうか? 発行元の関係者は次のように話す。

「ファミ通編集部は、事務所からまだなんの相談も受けていないようです。人気連載なので、編集部サイドも『ぜひ続けたい』と言ってますし、何号か先までの原稿はすでにあるようですから、突然打ち切りということはないでしょう」

 連載ページの写真では、左手薬指にしっかりと指輪をはめている矢口。こんな矢口が見られるのは、もう「ファミ通」だけだ……。

最終更新:2013/06/07 12:00

レギュラー全滅危機の矢口真里「ファミ通」連載だけは「ぜひ続けたい」と編集部も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

不倫騒動の渦中にいるタレントの矢口真里(30)が、続々とレギュラー番組を降板し、今後のタ...
写真