日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 映画『MOZU』で観客震撼の役者

伊勢谷友介も長谷川博己も忘れさせる!? 『劇場版 MOZU』で“観客震撼”の役者と、たけしの“素”

mozueiga.jpg 『劇場版 MOZU』公式サイト

 7日に公開され、オープニング2日間で動員17万374人、興収2億2847万2400円を稼ぎ、初登場1位を獲得した『劇場版 MOZU』。TBSとWOWOWの共同制作で2014年に放送されたドラマ版の完結編として、主演の西島秀俊や香川照之、真木よう子などおなじみのキャストに加え、伊勢谷友介、松坂桃李、阿部力、ビートたけしら豪華キャストの共演が実現した作品。

 キャストのみならず、劇中のアクションや爆破シーンもド迫力の一言で、「どんだけ金かけてるんだ」と突っ込みを入れたくなるほどで、その分の迫力も十分に感じられる。さすがは共同制作といったところだろうか。

 ただ、この作品最大の見所は、各世代の“イケメン”を揃って拝むことができる点ではないか。しかも単に二枚目を並べているだけでなく、役柄のマッチングも極めて自然である。公開前は、シリーズ最大の黒幕である“ダルマ”演じるビートたけしの出演ばかりが注目されたが、各々の役者が力を発揮した格好だ。

“中高年のアイドル”である西島秀俊の演技はよくも悪くもいつも通りだったが、ファンとしてはシブくて犬顔の彼を画面で見られるだけで満足かもしれない。香川照之や真木よう子も相変わらず安定した演技だったが、今回は扱いが少し雑だった。

 伊勢谷友介は、巨悪であるビートたけしの側近という「いかにも」な役。伊勢谷自身がインテリのため、冗長で人を小馬鹿にしたようなしゃべり方をしてもさほどいやらしくない。

 そして、ドラマに引き続いての登場となる、長谷川博己。大手警備会社のアドバイザーとして働きながら殺人などの犯罪を行う裏の顔を持つ冷血な男役だが、基本的に演技はコミカル。今作で唯一笑えるシーンかもしれない「カメラ」の場面は必見だ。奇声を発したり甲高い声で笑っても、清潔感が全く崩れないところはさすがである。

 上記の2人も自身の仕事を100%全うした印象。ただ筆者としては、インパクトの点でいえば彼らの好演を忘れるほどの存在感を示した役者がいた。多くの観客も、そう思ったのではないか。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed