日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 人気アスリートの裏の顔とは
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.381

“奇跡の男”と呼ばれた人気アスリートの裏の顔! ドーピングで夢をつかんだ『疑惑のチャンピオン』

movie-champion03スポーツ医師のフェラーリ(ギヨーム・カネ)はドーピングを悪とは考えず、人間の潜在能力を引き出す最新科学だと考えていた。

 ドーピングをしても、ツールドフランスが過酷なレースであることに変わりはない。それでもアームストロングは7連覇を成し遂げ、有終の美を飾る。だが、落とし穴は意外なところで待っていた。ドーピング疑惑を振り切って、悠々自適のセレブ生活を送っていたアームストロングだが、平穏な暮らしは長くは続かなかった。ドラッグ中毒者が薬物を手放せないように、彼も肉体と精神をギリギリの限界まで追い込んだ末に感じるレースでの高揚感が忘れられず、4年ぶりにツールドフランスへ復帰する。このときのツールドフランスはドーピング検査が厳しくなっており、38歳になったアームストロングはドーピングなしで3位入賞を果たしたと言われている。彼のアスリートとしてのポテンシャルが尋常ではなく高かったことが分かる。だが、現役復帰がきっかけで、過去のドーピング歴が発覚。すでにツールドフランスの主演スターではなくなっていたアームストロングは、過去の勝利をすべて剥奪され、永久追放の身となる。ちなみにアームストロングが達成した7連覇の期間は、繰り上げでの優勝者は認定されていない。それは上位者がすべてドーピングに関わっていたからだ。

 アームストロングには大事にしている家訓がある。17歳のときに彼を産んだ母リンダが伝えた「すべての障害はチャンスだと思いなさい」という言葉だ。アームストロングはこの言葉を支えに癌治療に耐え、ツールドフランスに復帰を果たした。40歳を過ぎた今もハードなトレーニングを自分に課し、近年人気が高まりつつあるトレイルランニングで好タイムを残している。彼はロードレース界から追放された悲劇のチャンピオンではない。薬物まみれのプロスポーツ界に君臨する生きた伝説のチャンピオンなのだ。
(文=長野辰次)

movie-champion04

『疑惑のチャンピオン』
原案/デイヴィッド・ウォルシュ  脚本/ジョン・ホッジ 監督/スティーヴン・フリアーズ 出演/ベン・フォスター、クリス・オダウド、ギヨーム・カネ、ジェシー・プレモンス、リー・ペイス、ドゥニ・メノーシュ、エドワード・ホッグ、ダスティン・ホフマン、エイレン・キャシデイ 
配給/ロングタイド 7月2日(土)より丸の内ピカデリー&新宿ピカデリーほか全国公開
(c)2015 STUDIOCANAL S.A.ALL RIGHTS RESERVED.
http://movie-champion.com

こんな記事も読まれています

“奇跡の男”と呼ばれた人気アスリートの裏の顔! ドーピングで夢をつかんだ『疑惑のチャンピオン』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

剛力・前澤、明暗を分けたもの

人気タレントや俳優はアンチエイジングや美容整形を施すことで若々しさを保ち、AV男優はバイ...
写真