日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 毎朝社長とのキスを定める中国企業

金こそ正義!? 「毎朝、社長とキス」「1日3回のハグタイム」を定める、中国の“セクハラ社則”

morningkiss.jpg社長のキスを進んで受け入れる女性社員たち

 先日、河南省鄭州市のある企業が、女性社員に生理周期の報告を義務付けたというニュース(参照記事)をお伝えしたが、今度は北京のある企業のトンデモ社則が物議を醸している。

「中華網」(10月6日付)などによると、問題の社則は次の通り。

「毎朝9時から9時半までは、チームのモチベーションを盛り上げるための特別な時間。女性社員は毎日列を作り、社長のキスを受けなければならない」

 なんと女性社員は、毎朝、社長とキスすることを定めているのである。ネットに投稿された同社の“モーニングキス”の動画には、社長とおぼしき中年男性のキスを嫌がることもなく唇で受け止める女性たちの姿が映し出されている。
 
 この奇妙な光景に対し、中国版Twitter「微博」には「セクハラだ」といった会社や社長への批判がある一方、「最近の女は、金のためなら、なんでも受け入れるんだな」「洗脳に成功しているから、これがおかしいという意識がないんだろう」といった、女性たちの態度を問題視するコメントも多く見られる。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

金こそ正義!? 「毎朝、社長とキス」「1日3回のハグタイム」を定める、中国の“セクハラ社則”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

瓜田、ジャニーさんの少年愛に持論

 解散、脱退、不祥事など、このところジャニー...…
写真
インタビュー

最恐メンタル、クロちゃんの真実

 単なるウソつきか、それともモンスターなのか――。仕掛けるたびにスタッフすら...…
写真