日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 『緊急取調室』のリアリティ
週刊誌スクープ大賞

“本職”警察も絶賛する天海祐希主演『緊急取調室』のリアリティ

 さて、山口組が再び分裂した。若手を中心に「任侠団体 山口組」(約60団体が加盟)が結成され、代表には神戸山口組の「秘密兵器」といわれた織田絆誠(よしのり)若頭代行が座った。

 現代で溝口敦が彼へのインタビューに成功した。

 織田は、分裂した神戸山口組が、本家を批判していたのは、多額の上納金、出身団体・弘道会へのひいき、人の進言や諫言を聞かないなどだったが、神戸も同じになってしまったからだという。

 目的は、「大きな船のすぐ横に、若手中堅が中心となった救命ボート的な船を置くことによって、二つの船から乗り移ってもらう。今、早急にできることはこれしかないと判断しました」(織田代行)

 織田が尊敬するのは山口組三代目・田岡一雄親分だけ。任侠団体とつけたのは、最終目標を「脱反社」だからで、不良外人や半ぐれたちを指導して、アウトローであっても、男らしい生き方を教えてやりたいそうである。

 ヤクザなんですからヤクザらしく。高倉健がやった「山口組三代目」のように、カッコいい任侠ヤクザを目指すらしいが、時代が変わっていて、ヤクザを見る目は以前よりはるかに厳しい。

 このインタビューを読む限り、覆水盆へ返るための役割を山口組から与えられているのではないかと見たが、そうは問屋が卸すか?

 最終的には大きな抗争が市民を巻き込んで起こるのではないか。心配である。

 今週のポストで唯一読みごたえがあったのは、小池都知事と超豪華クルーザー問題である。

 このクルーザーはVIP接待用で、20億円もするという。

 計画されたのは舛添要一知事時代。来客を迎えるのに民間の施設では格が下がると、五輪に合わせて浜離宮庭園に約40億円かけて「延遼館」(明治期の迎賓館)を再建することを決定し、来賓をクルーザーでそこまで送迎するため、クルーザー建設計画が持ち上がったという。

 だが小池知事になってから五輪予算に大ナタが振るわれ、「延遼館」は凍結されたが、クルーザーは計画通りに続行されたというのだ。

 都政を監視する「行政110番」主催者の後藤雄一元都議は、税金の無駄遣いの典型だと批判する。

 それに、豊洲や五輪施設については、細かいコストまで開示しているのに、このクルーザーに関しては一言も触れないのが不可解だという。

 東京五輪は期間は短い。その間、民間の豪華遊覧船でも借りて済ませることができるはずだ。

 まさか、小池にこうした貴族趣味のようなものがあるのではあるまいな。そのうち、私も都知事専用のプライベートジェット機でも欲しいといいだすかもしれない。

 この豪華クルーザー建設も、都議選のテーマにしたらいい。私はもちろん反対だ。


123456

“本職”警察も絶賛する天海祐希主演『緊急取調室』のリアリティのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

自民党で国民生活は苦しく!?

今週の注目記事・第1位「綾瀬はるか、韓流タレ...…
写真
インタビュー

Mr.都市伝説・関暁夫が熱弁!

今週の注目記事・第1位「北朝鮮 金正恩をなぜ暗殺しないのか」(「週刊現代」5/20号)同...
写真