日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 内藤監督が未成年の犯罪を撮る理由
映画『ミスミソウ』公開記念インタビュー

トラウマ映画“先生を流産させる会”の内藤瑛亮監督が未成年者の暴力や犯罪を撮り続ける理由とは?

■狭い世界でこのまま埋もれていくという恐怖

 

──内藤監督がどんな少年時代を過ごしたのか、ちょっとお聞きしたいと思います。内藤監督が子どもの頃は、楳図かずお、日野日出志といったトラウマ漫画をよく読んでいたそうですね。

内藤 両親が漫画好きで、実家には手塚治虫全集などが置いてあったんです。中学生になると永井豪の『デビルマン』を読んで、ヒロインの首が刎ねられたり、人類が滅亡するラストシーンは、それこそトラウマになっています。ああいう心がちょっと傷つくぐらいの作品のほうが、やっぱり忘れられませんよね。最近は漫画も映画も、トラウマになるような作品が減ってしまったように感じます。

──やがて高校生になると、マリリン・マンソンの曲を聴くようになった。

内藤 マリリン・マンソンは中学から聴いていました。当然、友達はできませんでした(苦笑)。まぁ、10代にありがちですけど、自分からも友達をつくろうともしませんでした。漫画、音楽、映画だけが救いでしたね。映画でその頃ハマっていたのは、デヴィッド・フィンチャー監督の『ファイト・クラブ』(99)やウォシャウスキー兄弟の『マトリックス』シリーズ(99~03)です。こんな社会はクソだ! こんなクソ社会はぶっ壊してもいいんだみたいな(笑)。

──そんな少年期を過ごした内藤監督だからこそ、『ミスミソウ』を映画化できたんですね。

内藤 『ミスミソウ』に出てくる子どもたちの鬱屈した感情は、すごく理解できます。物語の設定も1990年代後半になっていて、スマホがまだ出る前なんです。スマホがあれば救われるわけじゃないけど、田舎町のどこにも行き場所のない、外の世界と繋がることなく、狭い世界でこのまま埋もれていくんだなという恐怖感は僕自身も感じていたものでした。

──内藤監督は1982年生まれの愛知県出身。

内藤 はい。園子温監督と同じ豊川市生まれなんですが、合併して豊川市に吸収されてしまった隣町のほうなんです。ほんと、暗い青春でした。

──そんな内藤監督にとって、やがて映画づくりが救済になるわけですね。内藤監督の作品を観ていて興味深いのは、虐待される側の視点だけでなく、加虐する側の心理がより詳細に描かれている点です。

内藤 自分でも不思議に思います。僕が中学生のときに、「酒鬼薔薇事件」が起きたんです。僕と少年Aは同学年なんです。「人を殺してみたかった」といって高校生が主婦を殺害した事件が2000年に起きたんですが、これは豊川市内で起きた事件で、こちらの犯人の少年も同学年でした。その頃の僕は「みんな、死ねばいい」と思っていた時期だったので、自分の暗い欲望がそのまま具現化したような感覚がありました。逆に「なんで、自分は加害者にならずに済んだんだろう」という気持ちが大きく残って、作品をつくるときには気がつくといつもその立場になっているんです。

クラスの女王的存在の妙子(大谷凜香)といじめられっ子の流美(大塚れな)。間違った愛情表現が、取り返しのつかない惨劇を呼ぶはめに。

■加害者は自分が人を傷つけたことは忘れてしまう

 

──今回の『ミスミソウ』ですが、女優でもある唯野未歩子さんが脚本を担当(脚本は内藤監督が引き受ける前に完成していた)。少女たちの繊細な心理が描かれているのが印象的です。

内藤 押切さんの原作では『ミスミソウ完全版』で春花と妙子についてのエピソードが描き足されていたんですが、映画版では2人の関係性をより強調したものになっていますね。クライマックスで2人の関係性が明かされることで、前半で描かれる暴力の意味もわかるようになっています。もうひとつ、僕がうまいなと思ったのは、主人公の春花は前半はクラスメイトたちからのいじめに遭い、観る側が感情移入しやすい存在なんですが、中盤以降はクラスメイトたちへの復讐に移り、どんどん彼女の人間性が剥奪されていくんです。中身のわからない人間になってしまう。逆に加害者側に人間性が与えられていく。もちろん加害者側は許される存在ではないんですが、でも彼ら彼女らの心情はわかる。みんな自分のことを被害者だと思っているんです。こんな田舎に生まれていなければとか、家庭環境がもう少しまともだったらとか、想いが相手にうまく伝わっていればとか……。人間ってどうしても自分が被害者であることは容易に認識するけど、自分が人を傷つけたことは記憶しづらいもの。『ミスミソウ』は春花をいじめていた側が、自分の加害者性に終盤になって向き合うことになる。そういったテーマも織り込まれている作品だと思います。


123
こんな記事も読まれています

トラウマ映画“先生を流産させる会”の内藤瑛亮監督が未成年者の暴力や犯罪を撮り続ける理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

暴力団がタピオカ店を続々出店

 女子中高生を中心に大ブームを巻き起こしてい...…
写真
インタビュー

『ガチ星』が生ぬるい邦画界に追込み

 サイコーに熱い映画が、福岡からやってきた! 例えるなら、福岡県民のソウルフードであ...
写真