日刊サイゾー トップ > 芸能  > 今度は二宮和也が“匂わせ”行為!?

嵐・二宮和也、伊藤綾子がチラつく“料理男子”発言にファン激怒!  わざと地雷を踏んで交際順調アピールか!?

日清オイリオ公式ホームページより

 5月8日、東京都内で行われた「日清オイリオ新CM発表会」に、嵐の二宮和也が登場した。

 今回の新CMで二宮は、から揚げを調理し、「揚げたては、無敵だ。」という新CMのキャッチコピーとともに、自身が揚げた熱々のから揚げをほお張るといったシーンを撮影したそうで、発表会ではその撮影裏話を披露。から揚げをほお張るシーンで、から揚げを手づかみで食べたが、「めちゃくちゃ熱かった」と振り返り、「みなさんはお箸で食べてください」と呼びかけ。

 さらに、報道陣からの「普段から揚げ物を作るのか?」という質問に、二宮は「やりますよ。から揚げや、あとアジフライとかも、けっこう好きなので作ったりします」と答え、「好みの(揚げ)時間やタイミングとか、自分が一番わかってる」と“料理男子”をアピールしていた。

 二宮の意外なプライベートを知ることができて、ファンはさぞかしうれしかったはず。ところが、この二宮の“料理男子アピール”が思わぬ波紋を引き起こしていたという。

「ニノは主食が出前であることをテレビやラジオで何度も公言しており、2016年に行われた人気アプリゲーム『パズル&ドラゴンズ』の発表会では、ゲームに熱中しすぎて同じ出前を1日2回頼んだというエピソードを明かしていたこともある『出前のヘビーユーザー』というのはファンの間では有名な話。そのためファンから『え? 出前オンリーじゃなかったの?』『揚げ物なんてめんどうなことやる?』という声が。突然の“料理男子アピール”に戸惑いを隠せなかったようです」(芸能記者)

 食用油のCMキャラクターということで、二宮が気を遣って語ったかもしれない。だが、ファンは、そうは思えなかったようで、

「このアピールに対し、交際が報じられている元フリーアナウンサーの伊藤綾子の存在が大きいと考えるファンが続出。『せっかくニノファンに戻ってきたのにさ(怒)』『綾子の仕業かよ! いい加減にしろよ!』『揚げてんのは綾子なんだろ(怒)チラつくような発言すんな!』『これは交際順調アピールですか?』と激怒する声も。お互いの両親にあいさつしていると報道されているぐらいだから、今回の発言で『結婚も視野に入れている』と遠まわしにファンにアピールしているのかもしれませんね」(同)

 過去にも、自身のラジオ『BAY STORM』(bayFM)で、ある日、出前を頼んだら「こないだお誕生日だったから」と、肉団子をプレゼントしてもらったというエピソードを明かした際も、「肉団子は誰かさんにもらったんでしょ」「伊藤綾子が肉団子作ったんでしょ? いつまでデリバリーでシラを切るつもり(笑)」と言われていたこともある二宮。今回もまた地雷を踏み、ファン離れを加速させてしまったようだ。

最終更新:2018/05/15 11:00
こんな記事も読まれています

嵐・二宮和也、伊藤綾子がチラつく“料理男子”発言にファン激怒!  わざと地雷を踏んで交際順調アピールか!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真