日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 『ゼロ』増田貴久が劇中でステマ?

増田貴久が劇中でちゃっかりステマ? 『ゼロ 一獲千金ゲーム』は“NEWSファンのためのドラマ”で終わるのか

日本テレビ『ゼロ 一獲千金ゲーム』

 やはり、テンポが悪い。7月29日に放送された『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)の第3話は、前週と同じく「クォータージャンプ」だけで終わった。2週連続で「クォータージャンプ」。すなわち、2週続けて加藤シゲアキの顔のどアップだったということ。このドラマは徹頭徹尾、NEWSファンに向けた内容になっているようだ。

■NEWS・増田のセリフに潜んでいた新曲のプロモーション

 あらためて、ゼロ(加藤シゲアキ)が挑戦した「クォータージャンプ」の内容を説明したい。ゼロは顔全体を覆うマスクをかぶった状態で、50メートル上空にある正方形の台に立っている。台から少し離れた向こう側には、4つのエリアが。そのうちの3方向にあるのは壁、すなわち「OUT」だ。残りの1方向にだけ「SAFE」エリアが設けられている。4方向の先には“声役”が立っており、彼らが発する「こっちが正解だ!」といった声を頼りにゼロは「SAFE」エリアを推測、ジャンプしなければならない。

 この“声役”の1人に抜擢されたのは、ゼロの高校時代の同級生・山口カズヤ(増田貴久)だった。山口は「OUT」エリアに立っているが、「こっちがセーフだ!」とゼロを誘導する。つまり、山口はゼロを殺そうとしている。

 山口はゼロに嫉妬していた。高校で出会って以来、勉強でもスポーツ(2人とも水泳部に所属)でも、ゼロに勝ったことがなかったから。

 Hulu限定配信のスピンオフドラマで、山口の背景は細かに描かれた。IT企業で“天才エンジニア”ともてはやされた山口。この男が頑張ってきた根源には「ゼロに勝つ」というモチベーションがある。しかし、今度は米国からヘッドハンティングされてきた向井シオン(渡辺大)にコンペで敗北。向井は、あのいまいましいゼロを思い出させる。プライドを傷つけられ退社した山口は、実業家・在全無量(梅沢富美男)が主催するゲームに参加した。その目的は、ゼロへの復讐だ。

 ついに、長年の復讐心を成就させるチャンスがやってきた。自分の誘導に乗り、ゼロは今まさにジャンプしようとしている。だが、その寸前に口を開いた。

「お前を信じてる! ……カズヤ、まっすぐかな? 靴の先だよ。きちんとそっち向いてるかな? 斜めに飛んでそっち側に届かないってなったら、シャレにならないからさ。だから、頼む。確認を」(ゼロ)

 山口は壁の覗き穴からゼロの姿を確認した。靴の先は見えなかったが、膝は確かにこちら側を向いている。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真