日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ゼロ』増田貴久が劇中でステマ?

増田貴久が劇中でちゃっかりステマ? 『ゼロ 一獲千金ゲーム』は“NEWSファンのためのドラマ”で終わるのか

■次回は冗長さがプラスに転じる?

 初回のレビューで、このドラマは『LIAR GAME』(フジテレビ系)に似ていると筆者は述べた。しかし、決定的に違う点がある。何度も言うが、それはテンポ。というか、『LIAR GAME』はテンポの良さが魅力だった。

『ゼロ』には、無駄な会話が多い。だから、間延びする。加藤の芝居の拙さがテンポの悪さを助長している気もする。後藤峰子役・小池栄子と末崎セイギ役・間宮祥太朗の演技がいいので、余計に加藤の技量不足は際立ってしまっている。

 次週にて、新たなゲームがようやく登場するようだ。予告を見たところ、原作版に登場した「迷宮のトライアングル」であることは明らか。「迷宮のトライアングル」は、3人1組で挑むアトラクションだ。グループは「三角形の形をした部屋」に閉じ込められ、そのうちの1人は室内にある水槽内で拘束される。出題された問題に正解するまで、水槽の水はたまり続ける。溺死しないためには、3人が力を合わせ、難問に挑まなければならない。

 もしかしたら、朗報かもしれない。今まで、ドラマ版では会話が冗長に感じられた。でも、それがプラスに働くかもしれない。チームワークを描く上で、会話シーンは重視すべき。時間を割くべきだ。各々の人物像が、より鮮明になる可能性もある。加えて、確かな演技力を持つ間宮が、次ゲームからは大フィーチャーされる。期待値を喚起させる流れだ。

 次週こそ、“NEWSファンのためだけにあるドラマ”という印象を返上する、いいチャンスになるかもしれない。

(文=寺西ジャジューカ)

最終更新:2018/10/03 12:22
123

増田貴久が劇中でちゃっかりステマ? 『ゼロ 一獲千金ゲーム』は“NEWSファンのためのドラマ”で終わるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真