日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 品川祐がドン底状態「仕事は月に数日」

品川祐が“ドン底状態”……「仕事が月に数日しかない」「性格が丸くなり、後輩芸人から心配も」

品川祐 公式インスタグラム(@shinashina0426)より

 一時期は「嫌われ芸人」としてバラエティー番組に出演し、映画監督としても活躍していたお笑いコンビ・品川庄司の品川祐。しかし、ここ最近はめっきりメディア露出が減っている。

「若手時代は、事務所のプッシュもあって若い女性からも人気でしたね。その後、有吉弘行に『おしゃべりクソ野郎』のあだ名がつけられてからは、“嫌われ芸人”としての需要があったんですが、そこから小説を書いたり、映画監督になったりして、文化人路線に進んだあたりから、雲行きが怪しくなってきたという印象です。そもそも幅広いカルチャーに造詣が深いわけでもなく、付け焼き刃の知識でいっちょ噛みしてくるというイメージが拭えず、視聴者からの評判も良くなかったですね」(テレビ局関係者)

 路線変更を繰り返した結果、仕事が激減してしまった品川。

「相方の庄司智春さんは、筋肉キャラもあるし、藤本美貴さんが奥さんだということもあって“家族ネタ”や“育児ネタ”の仕事も多い。でも、品川さんの方はというと、たまの劇場出番とイベントゲスト、テレビ収録は月に1回あるかどうか、1カ月の稼働が数日だけだった……なんていうこともある状況です」(お笑い関係者)

 まさに、ドン底を見ている状態の品川だが、その性格は驚くほどに丸くなったという。

「以前の品川さんというと、いわゆる天狗で後輩に厳しくて、芸人の間でも“できれば絡みたくない”と言われていたんですよ。でも、今の品川さんは、劇場で後輩芸人に会えば、気さくに『あのネタ面白かったよ』なんて声をかけるんです。駆け出しの若手ばかりが出ているようなネタ番組もチェックしているようで、『この前、番組見たよ。いいネタだったね』なんて褒めてくるんだとか。その変わりようには驚きですよ」(同)

 天狗になっていたころの悪行を反省するかのように、後輩たちに優しい言葉をかける品川。そこにはもう“嫌われ芸人”の姿はない。

「あまりにも丸くなりすぎてしまって、芸人仲間の間では『品川さん、大丈夫なのかな?』と心配されているようです。確かに、売れていたころに可愛がっていた後輩たちが、徐々に離れていったりもして、人間不信に陥っている部分もあるのかもしれませんね」(同)

 嫌われ芸人としての需要がなくなり、性格は丸くなったが、それでも仕事がない品川は一体どうすれば浮上できるのか……。その苦悩は続く。

最終更新:2018/09/27 17:00
こんな記事も読まれています

品川祐が“ドン底状態”……「仕事が月に数日しかない」「性格が丸くなり、後輩芸人から心配も」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

チュート徳井は悪質なやり方か

今週の注目記事・第1位「森田健作、台風被害の最...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

「日経エンタテインメント!」(日経BP社) の<好きな芸人ランキング>では17位に急...
写真