日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > 「LINEマンガ」は、なぜ読まれる?

売り上げは圧倒的! 「ジャンプ」の10倍近くを売り上げる「LINEマンガ」は、なぜ読まれるのか

「LINE」マンガより

 マンガアプリ市場は「LINEマンガ」が圧倒的。Mobile Indexが公表した「2018年マンガアプリ総決算レポート」で、その実態が明らかになった。

 レポートによれば「LINEマンガ」は、売上高218億円を記録。2位の「ピッコマ」は、売上高57億円。3位になった集英社の「少年ジャンプ+」は売上高24億円だったと推定している。

 このほか、マンガアプリでは先行組だった「マンガボックス」は、10.8億円。小学館の「マンガワン」は10.1億円。講談社の「マガジンポケット」は7.1億円となっている。シェア率では「LINEマンガ」が57.4%になっており、売り上げもシェア率も圧倒的になっている。

「LINEマンガ」が、独走している背景として指摘されるのは、公開されている作品数の多さである。この原稿を書くにあたって、アプリを立ち上げてみると「今週の新連載」として96作品が公開されている。たまたまのぞいてこの点数、いったい、どれだけの資本を投入しているのか、ただ驚くばかりの作品数である。

「アプリオリジナルの作品に加えて、他社の人気作品も多数掲載されています。それも、3巻くらいまでは無料が当たり前です。ここまでできるのは、アプリをメインにして、広告費やユーザーの課金で収益を上げるビジネスモデルを確立しているから。連載の後、単行本で利益を生み出すとか、メディアミックスなどに色気を出さず、どれだけアプリのみで収益を上げるかしか考えていないのが最大の強みでしょう」(編集者)

 これまで、マンガというものは、同人誌を除けば出版社から発信されるのが、当たり前。従来のビジネスモデルは、単行本で稼ぐ。あるいは、アニメ化や商品化などのメディアミックスで稼ぐというものだった。そうした、旧来型の常識がないところにこそ、圧倒的な売り上げの理由があるようだ。

 ただ、あくまでユーザーに「消費」させるスタイルの作品の供給。そのシステムの中で、長く読まれる作品。あるいは、本当に魅力的な作品が出てくるかは、まだわからない。
(文=是枝了以)

最終更新:2018/12/17 23:00

売り上げは圧倒的! 「ジャンプ」の10倍近くを売り上げる「LINEマンガ」は、なぜ読まれるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

前代未聞の対決を描いたU-NEXT配信作品3本

 コロナ過の中、今年のGWは3度目の緊急事態...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真