日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 話題の医師芸人に見る「上がり成り」

2018年ナンバーワンブレーク芸人・しゅんしゅんクリニックPに見る「上がり成り」

吉本興業公式サイトより

 18年のブレーク芸人といえば、しゅんしゅんクリニックPだろう。現役医師芸人として知られ、ダサいダンスに乗せて「医者あるある」を披露する。芸人活動のかたわら、病院勤務も行っており薄毛治療を専門とする。しゅんしゅんは芸人としては、これまでとは異なる「上がり成り」といえるだろう。

「『上がり成り』はローカルタレントのJAGUARに対して言われるものですね。実業家として稼いだ金で、千葉テレビなどで放送枠を買い取り、自前のコンサートCMを打つなど活動してきました。その活動が認められ、現在はローカルタレントとして活躍しています。吉本興業は、若手芸人の給料はあってないようなものですから、医者という安定した立場で芸人を続けるのは良い選択肢といえるかもしれません。医師兼作家、タレントは多くいますが、これは勤務医ではない場合、比較的時間の自由が効くためです」(放送作家)

 しゅんしゅんは、医学部を卒業後、後期研修医を終えてから吉本興業の芸人養成所であるNSCに入っている。この時点で27歳であった。

「20歳くらいでなんとなくお笑い志望というよりは、ある程度年齢を重ねた方が覚悟も固まって良いともいえるでしょう。さらにNSCは毎年東京校だけでも600~700人が入学し、そこから生き残るのは10組程度といわれています。高学歴キャラは無数にいますから、医学部在学中くらいでは目立てません。頭一つ目立つには現役医師くらいのインパクトは求められるでしょう」(同)

 しゅんしゅんの場合、今後テレビ出演が減っても営業や講演の依頼は無数に舞い込みそうだ。あらゆる意味で安定しているといえるだろう。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/12/28 20:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

2018年ナンバーワンブレーク芸人・しゅんしゅんクリニックPに見る「上がり成り」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

 1980年、リーゼントにドカンという不良まんまの姿でブラウン管に登場し、世の大人たち...
写真