日刊サイゾー トップ > 芸能  > 紅白出場の米津玄師「そこは断れ」

米津玄師の『紅白』出場に「そこは断って」の声! 高齢者は「僧侶か?」とパニックに……

米津玄師 公式インスタグラム(@hachi_08)より

 シンガー・ソングライターの米津玄師が、大みそかの『第69回NHK紅白歌合戦』に白組で初出場する。先月14日の歌手発表時にその名はなく、最大のサプライズとして同局が満を持して発表した形だが……。

「スポーツ紙では散々その名前が取り沙汰されていた。しかも特別枠ではなく、白組としての出場。それなら一斉発表の時に出しても良かったのでは? 他の出場者から『自分たちはオマケかよ』と不満の声が出るのも当然です」(音楽関係者)

 米津は出身地の徳島県内から生中継で歌声を披露する予定。紅白の舞台が初の音楽番組生出演となる。

 曲目は1月期のTBS系ドラマ『アンナチュラル』の主題歌で、今年を代表する1曲となったヒット曲「Lemon」。関係者によると、同曲の制作途中に祖父を亡くし「あなたが居(い)なくなって悲しい」という気持ちが込められているという。

 一方、米津の紅白出場を複雑な思いで見ているファンもいる。メディア露出が少なく、音楽性にも一貫したこだわりを持つアーティストだけに、演歌歌手や口パクアイドルが出場する“ごちゃ混ぜスタイル”の紅白にフィットするかは微妙なところ。2009年に亡くなったロック歌手の忌野清志郎さんは、紅白の出演オファーを音楽性の観点から頑なに拒否していた。スポーツ紙記者の話。

「ネット上では、米津さんの出演を喜ぶファンと『そこは断ろうよ』というファンがいますね。紅白のメーン視聴者である高齢者からしてみても『誰? 高名な僧侶か?』となるでしょう。近年の紅白は高齢者軽視の傾向が顕著。サブちゃん(北島三郎)の『まつり』を入れたのが、せめてもの救いです」

 今年も、残すところあとわずか。平成最後の紅白は、どのようなフィナーレを迎えるのだろうか?

最終更新:2018/12/31 11:00

米津玄師の『紅白』出場に「そこは断って」の声! 高齢者は「僧侶か?」とパニックに……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真