日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 肛門にスプレー缶を突っ込まれ…

性交中に肛門にスプレー缶を突っ込まれた男性、抜けなくなって病院送り

イメージ画像

 性行為の最中に女性が膣けいれんを起こし、ペニスが抜けなくなってつながったまま救急車で病院に運ばれて恥ずかしい思いをした……という話は、昭和の時代からある都市伝説。

 だが、こちらの話は現実に起こったことで、病院に運ばれた男性は、かなり恥ずかしかったのではないだろうか。

 カリブ海の国、ドミニカ共和国で40歳の男性が、肛門にスプレー缶が刺さったまま病院に運び込まれた。救急医が緊急手術を行い、2時間かけて取り出したという。

 このスプレー缶はエアフレッシュナーで、男性の妻の話によると、セックス中に男性の求めに応じて肛門に突っ込んだところ、あまりにも深く突っ込みすぎたため、抜けなくなってしまったのだという。

 病院によると、この手の“事故”はしばしば起こっており、特にバイブやさまざまな大きさのボトルが肛門に突っ込まれた状態で運ばれてくることが多いという。中にはナスなどの野菜が取れなくなったケースもあるとか。

 男性のアナルプレイといえば前立腺マッサージが思い浮かぶが、セックス中に肛門に指を突っ込まれたりするのが好きな男性は結構いるようだ。

 とはいえ、あまり大きなものを突っ込むと肛門が傷つき、痔になる恐れもあるから注意が必要……なんていっても、おそらく好きな人は、わかっちゃいるけどやめられないのだろう。

最終更新:2019/01/12 16:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

性交中に肛門にスプレー缶を突っ込まれた男性、抜けなくなって病院送りのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真