日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉田沙保里バラエティ進出に暗雲

吉田沙保里は大みそか『よゐこの無人島0円生活』大爆死の“A級戦犯”!? バラエティ進出に暗雲

 また、“霊長類最強の女”吉田は無人島での野宿生活でも奮闘したが、それで数字が取れるほど甘いものではなかったようだ。ましてや、吉田とタッグを組んだブリリアンの2人がまるで役に立たず、このチームの出演シーンで、番組は盛り上がらず。

 かくして、本来は人気番組なのに、大みそかに大惨敗を喫してしまった『無人島0円生活』。その責任の一端が吉田にあるのであれば、彼女の今後の芸能活動に暗雲が立ち込めてしまいかねない。10日、記者会見を開いた吉田はレスリング選手を引退することを正式に発表。今後の活動について、「キャスターより、バラエティの方が向いている」として、バラエティへの本格進出に意欲を見せた。

 しかし、テレビ業界もそんなに甘くはないだろう。現役中は、“五輪金メダリスト”“国民栄誉賞受賞者”の金看板が生かせても、引退したら“一タレント”にすぎない。おもしろがってもらえるうちはいいが、「吉田では数字が取れない」と判断されれば、どんなにすぐれたアスリートでも、バラエティ界では生き残れないだろう。
(文=田中七男)

最終更新:2019/01/16 16:00
12

吉田沙保里は大みそか『よゐこの無人島0円生活』大爆死の“A級戦犯”!? バラエティ進出に暗雲のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

日本の男が恥ずかしがる「包茎」の社会学

 かつて、「ひとつウエノ男」というフレーズで知られる上野クリニックをはじめ、包茎手術...
写真