日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 「mixi」利用者は意外と多い!?

オワコンかと思いきや違うっぽい。いまだに便利な「mixi」を利用する人は多いという実情

「mixi」公式サイトより

 SNSの草分けとして、かつては一大ブームとなった、mixi。かつては、毎日のようにログインしていた人も多かったのではなかろうか。

 だが、今やSNSの主流はTwitterやFacebook、Instagramなどに移行し「ずいぶん前に流行した懐かしい“居場所”」のように思われている。それでも、まだまだ利用者は多いようだ。

 昨年秋に、mixiが実施した利用者アンケートによれば、現在もmixiを利用しているユーザーの中で利用頻度は「毎日」と回答した人が72.0%にもなっている。利用年数は10年以上の回答が57.9%と最多になっており。FacebookやTwitterに移行せず、ずっとmixiを使っているという人が多いようだ。

 現在もmixiの更新を欠かさない人に話を聞くと、まず挙げるのは、ほかのSNSに移行するのが面倒くさいという点。TwitterはもとよりFacebookに移行するにしても、これまで記してきた「日記」を転記していくには時間も労力もかかる。そのため、mixiを継続しているというユーザーは多い。

「ずっと更新しているから、欠かさず読みに来たり、コメントしてくれる人はいます。いまさら、新しい出会いを増やしたいわけではありませんし、知り合い同士の生存確認の場になっているんじゃないかと思います。Facebookは、なんか自慢げに書かないといけないイメージがあるので苦手ですね……」(10年以上「日記」を書いているユーザー)

 さらに、趣味の情報交換の場として、いまだmixiは、ほかのSNSよりも優れているという意見も。

「特定のテーマでコミュニティを作る機能があるから便利です。Facebookページよりも、
気軽に使える気がします。Twitterなんて、キーワードで検索して、似た趣味の人を探してフォローとかしないといけないけど、なんか面倒じゃないですか?」(同)

 ネットでmixiが話題になると、ふと思い出したように放置している自分のアカウントにログインする人もいるだろう。でも、放置されたままの自分のページは、なんであんなに黒歴史感があるんだろうな。
(文=大居候)

最終更新:2019/02/03 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

オワコンかと思いきや違うっぽい。いまだに便利な「mixi」を利用する人は多いという実情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真