SKE48、巻き返しなる!? 巨額買収した超セレブな「相武紗季の義兄」に寄せられる期待

2019/02/13 17:00

SKE48支配人・湯浅洋のTwitter(@SKE48_YUASA)より

 アイドルグループ・SKE48が2月9日、ナゴヤドームで握手会イベントを開催。松井珠理奈、須田亜香里らメンバー74人がミニライブに参加し、5,000人のファンの前で最新シングル「Stand by you」など6曲を披露した。

 同グループは2014年2月にナゴヤドームで単独コンサートを行い、3万3,000人のファンを熱狂させたが、再びナゴヤドームコンサートを行うことがグループの目標となっている。

 そんなSKE48が最近、ある企業に買収されていたことをご存じだろうか。経済ライターが言う。

「Jトラスト社がジャスダック上場子会社の『KeyHolder』を通じ、運営会社のAKSから『SKE48』事業の買収を決定。昨年末に、芸能プロダクションAKSからアイドルグループSKE48事業を譲り受ける事業譲渡契約を締結したことを発表しています。3月から芸能プロダクション事業を開始する予定で、買収額は30億円。これは公表資料から推定されるSKEの純利益の13~14年分になるといいます」

 驚いたのが、Jトラスト社の藤澤信義社長のプロフィールだ。

「藤澤社長は旧ライブドアグループの元幹部で、消費者金融を主体にグループを成長させ、インドネシアでは銀行業も展開。元サッカー日本代表のラモス瑠偉氏と親しく、個人で彼が監督を務めていたJ2・FC岐阜の主要株主となっています。また昨年2月に結婚したお相手は、女優・相武紗季の姉で宝塚歌劇団出身の音花ゆり。彼女は結婚と共に芸能界を引退していますが、インスタグラムでは『一般の方』とのみ報告されていましたが、実は超セレブ婚だったようですね」(週刊誌記者)

 このところ乃木坂46や欅坂46に押され気味の48グループだが、1月21日にはSKE48としては約4年ぶりの地上波冠番組となる『SKEBINGO! ガチでお芝居やらせて頂きます!』(日本テレビ系)がスタート。今後はファンだけでなく、株主からも巻き返しが期待されそうだ。

最終更新:2019/02/13 17:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む