日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『あいのり』急展開の裏に台本!?
36歳未婚彼女ナシ男の『あいのり』レビュー

理解不能なトンデモ急展開……男は「貴様!」とブチ切れる女を愛せるものなのか? 

『あいのり Asian Journey SEASON2』オフィシャルサイトより

人気恋愛ハウツーブログ「ハッピーエンドを前提として」(https://www.zentei-happy-end.com/)のウイさん(36歳未婚彼女ナシ)が、青春時代に夢中になった『あいのり』の新シリーズをウォッチ! 

<※これまでのあらすじはこちらから>

#14 最強の新メンバー「みゃあ」の無双。宝の持ち腐れになるのか?

 カザフスタンを走るラブワゴン。のっけから、でっぱりんの「お前、そういうところなんだよ!」が炸裂します。メンバーが昼食をとろうとする際に、でっぱりんだけが輪から外れ「新メンバー入ってきて、みんな(ラブワゴンを去ったメンバー)がおらんくなってさ」とスタッフに愚痴り、一人メソメソと泣いているのです。

 親友がハッピーエンドでワゴンを去り、まあまあ強めの新メンバーが入り、その子が想いを寄せる美容師・英クンにアタックしていることにストレスを感じているのです。『あいのりAJ』を引っ張ってきた女としてはいろいろと背負うものがあるんでしょうが、“かまってちゃん”がちょっと過ぎます。果ては、ストレスが原因と思われる腹痛で数日間リタイアする始末。僕は、彼女が「おなか痛い」と言うたびに、心の中で「でっぱりん、なんともないよ! 気のせいだよ‼」と思っていました。自分が強く出られるところではガンガン行き、立場が弱くなるとその場から消える――。正直、ちょっとめんどくさいです。これまで好き勝手やってこられたでっぱりん王国も、さすがに崩壊したように見えます。

 そして、そのでっぱりんのストレスの大きな原因となっている新メンバーみゃあがすごい。この女、男を落とす特殊な訓練でも受けてきたんだろうか? 若さを武器に、今しか使えない「あざとさ」を全力で振りかざしています。日中、薬を飲んでいた英クンを気遣って胃薬とめぐりズムを差し入れたり、休憩中には手押し車でスキンシップを図ったり……。

 さすが「猫みたいってよく言われるので、みゃあって呼んでください。天然系です」と初対面の人間に言える女。一人称も「みゃあ」で通しています。みゃあが何かするたびに「すごいな」と感心してしまいます。若い女子はみゃあと同じことをすれば、目の前の男はだいたい落とせるはずです。ただし、同性の敵は増やしますが。

 スタジオのベッキーやいとうあさこも「勉強になる」と絶賛の立ち振る舞いを続けるみゃあですが、そんな中、僕が注目したのは「萌え袖」です。長袖を着ている時は8割方、萌え袖になっているのです。前述の英クンを呼び出して薬を渡すシーンでも、もちろん萌え袖。さらに「そんな服持ってた?」という、露出度高めのワンピースがインナーです。そして、美容学生だけあって、メイクもうまい。『あいのり』の女子メンバーはたびたびカメラの前ですっぴんをさらしていますが、みゃあは自分の長所を伸ばし、短所を個性へと変えるメイクをしています。みゃあの「あざとさ」についてだったら、このまま数万字書けそうです。

 しかし、ひとつ心配事が……。それは、みゃあにとってラブワゴンはアウェイ、ということです。みゃあのようなタイプは、もっと大勢の集団の中で強みを発揮します。男性が3~4名しかいない『あいのり』で、このままで通用するのか心配です。


123
こんな記事も読まれています

理解不能なトンデモ急展開……男は「貴様!」とブチ切れる女を愛せるものなのか? のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真