日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『あいのり』グダグタすぎる展開
36歳未婚彼女ナシ男の『あいのり』レビュー

新メンバードタキャンで番組ADが急きょ参戦!? 『あいのり』グダグタすぎる展開にがっかり……

『あいのり Asian Journey SEASON2』オフィシャルサイトより

人気恋愛ハウツーブログ「ハッピーエンドを前提として」(https://www.zentei-happy-end.com/)のウイさん(36歳未婚彼女ナシ)が、青春時代に夢中になった『あいのり』の新シリーズをウォッチ! 

<※これまでのあらすじはこちらから>

#17 去り方にこそ人間の本質が現れる――AI、華麗に散る

 いよいよ東大卒のエリート・AI(エーアイ)が、博多の狂犬・でっぱりんに告白するところから幕を開けたエピソード17。生まれて初めて書いたというラブレターを読み上げるAIですが、なんでだろう、ラブレターとでっぱりんの顔を交互に見るAIの顔が過去一番ブサイクです。これまでの輝きを失っているような……。常に冷静でスマートな立ち振る舞いだった知的な男を、人間臭い「告白」という行為がそうさせているのでしょうか。知識で武装しても、本番に弱いタイプだったのか? でも、そんなAIにめちゃくちゃ好感が持てます。

 しかし、告白の最中から、“あ、これダメだな。振られるな”ということがわかってしまいます。でっぱりんがずっと泣いているんです。OKする気なら、ケタケタ笑ってるはず。告白された時も、その日の夜も、翌朝も、ずっと泣いてる。告白を断るのが視聴者にも丸わかりなのです。なんてわかりやすい女、でっぱりん。

 案の定、AIは振られてしまうのですが、最後はあっぱれでした。でっぱりんとの別れ際「最後に一言だけ言わせてもらってもいい? 泣き顔もかわいいね」と一言。これはかつて、でっぱりんが落ち込んで泣いている時にAIが秒で笑顔にした名ゼリフなのですが、これを使うことで最後に強いくさびを打ち込んだはずです。今後どうなるかわかりませんが、でっぱりんが失恋して日本に帰っても、誰かと結ばれて日本に帰ってから別れても、真っ先にAIに連絡すると思います。僕は人間の価値は別れ際に現れると信じていますが、AIは最後まで完璧な立ち振る舞いでした。AIの旅の唯一のエラーは、恋した相手がでっぱりんだったことです。

 AI、今ごろ日本で友達から「お前、でっぱりんかよ。なんで?」って言われていると思うけど、大丈夫。君には、もっと穏やかで優しい女性が必ず現れる。素晴らしいフォロワーとなる大人の女性が現れるから。そして、その時気づくはず。でっぱりんじゃなくてよかった、と。

 でも、できれば結ばれてほしかったです。もっと正確に言うと、でっぱりん中心に回る『あいのり』に飽きてしまいました。ようやくでっぱりんや修羅場に頼らない新しい『あいのり』の幕開けが見られると思っていたのに……。そこだけが残念です。


12
こんな記事も読まれています

新メンバードタキャンで番組ADが急きょ参戦!? 『あいのり』グダグタすぎる展開にがっかり……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

25歳素人童貞の果てなき風俗愛

 19歳で風俗初体験をして以来、7年間にわたってネットに風俗レポートをアップし続けて...
写真