日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『あいのり』グダグタすぎる展開
36歳未婚彼女ナシ男の『あいのり』レビュー

新メンバードタキャンで番組ADが急きょ参戦!? 『あいのり』グダグタすぎる展開にがっかり……

#18 トムが桜子にアタック開始も、あいのりは”でっぱりん劇場”で終わってしまうのか

 AIを降ろしたラブワゴンは中央アジアのキルギスを進みます。しかし、ここで問題が。冒頭「キルギスはあいのりシーズン2最後の国」というアナウンスがされるので。非常にまずい展開です。このまま終わったら『あいのり』は男女7人、真実の愛を探す旅ではなく“福岡の狂犬でっぱりん劇場”で終わってしまうのです。僕たちが10代の頃に夢中になったのは、主役がコロコロ替わる『あいのり』でした。このままでは、ずいぶんと違うものになってしまう気がします。

 そのでっぱりん、AIを振ってから元気がありません。美容師の英くん(今さらですが、ガンバ大阪の元日本代表、遠藤選手に似てきた。つまりガチャピンにも似ている)とさっさと結ばれて帰ればいいのに。AIロスでしょうか。もし、この先シーズン1のように、ラブワゴンでは結ばれなかった2人が日本で再会して結ばれるような演出をシーズン2でもやったら、めちゃくちゃ失望しますけどね。非日常で旅をしながら結ばれる、という『あいのり』の根源を揺るがしかねません。

 しかも、でっぱりんは英くんにAIのような立ち振る舞いを求めます。「英くんは優しいイメージしかない。怒ったりしたところ見たことない」と言うのです。つまり、AIのように泣いたり怒ったりしなさい、というメッセージです。感情の表現には個性があり「これが正解」なんてものはないはずなのに、自分が振った男の長所をほかの男に求める。ますますアンチでっぱりんになってしまいそうです。英くんも、いつも眠そうな目を早く覚ませばいいのに。

 新メンバーにもがっかりしました。心底がっかりしました。呼ぶ予定だったメンバーが土壇場で来られなくなったという理由で、『あいのり』の童貞AD・たいぞーがメンバーとして入るのです。しかも、たいぞーはカザフスタンから同行していたため、メンバーとはすでに顔なじみ。そもそも、急に来られなくなるような可能性のある人物を採用したりするのでしょうか? 無理があります。キルギスが最後の国だから、新メンバーを呼ばなかったのでしょうか? とにかく、めちゃくちゃシラけます。過去最低の展開。全然面白くもなんともない。こんな展開だったら6人のまま旅を続け、それぞれができる限りの結末を迎えてほしかった。

 そんな中、ようやく泣き虫パティシエのトムが劇団主宰・桜子にアタックを開始するのですが、ここでもでっぱりん。トムを呼び出し、アドバイス。決してでっぱりんが悪いわけではないのです。でっぱりんに依存し、そこから抜け出せない『あいのり』の展開に疑問を抱いてしまいます。ずいぶんと前から桜子、みゃあ、じゅんきという、めちゃくちゃ個性的でポテンシャルを持ったメンバーが完全に脇役扱いにされてしまっているのです。

 そして、最後の最後に、エピソード1に登場していたシャイボーイの登場。なかなかインパクトが大きいメンバーだったので「お? どうした?」と思いましたが、再登場の理由が「英くんとなかなか進展がないでっぱりんのピンチを救うために歌を届けに行く」とのこと。ここでもでっぱりん……。

 恐らくあと3話前後で、シーズン2は終わりを迎えます。このまま“でっぱりん劇場”で終わるのか、視聴者が驚くような展開があるのか、いちファンとして見守りたいと思います。

◆毎週木曜新エピソード配信中『あいのり Asian Journey SEASON2』<https://www.netflix.com/jp/title/80174280>

 

ハッピーエンドを前提として』(KADOKAWA)

ウイさんの初の著書『ハッピーエンドを前提として』(KADOKAWA)3/15に発売されます。彼氏がいてもいなくても、結婚しててもしてなくても、女も男も、みんなで読みたい恋愛指南書です。

最終更新:2019/03/14 12:56
12
こんな記事も読まれています

新メンバードタキャンで番組ADが急きょ参戦!? 『あいのり』グダグタすぎる展開にがっかり……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

瓜田純士復帰戦、衝撃の結末!

『瓜田純士に勝ったら10万円』というサイゾー協賛の格闘技イベントが4月28日、「THE ...
写真