欅坂46から卒業の長濱ねるは女優転身? 後押しした“意外な人物”って……

2019/03/12 10:00

 おそらく、“あの時”のアドバイスが決断を後押ししたのだろう。

 欅坂46の人気メンバー・長濱ねるが、突如としてグループ卒業を発表。ファンに激震が走ったが、その予兆は、すでに番組で見られていたという。

「長濱は、1月20日放送の『欅って、書けない?』(テレビ東京系)の新成人企画に参加。そこでニューハーフバーを訪れていた長濱は、『“やりたいこと”と“やった方がいいこと”どっちを優先したらいい?』と質問。それに対して、バーのママは『やりたいことよ』と即答し、『無難な道を歩きたくてこんな仕事してんの?』『一生懸命働ける期間なんて短いわよ』との助言を与えていました。この言葉に長濱は涙を流していましたが、アイドルらしからぬ欅坂のカラー、平手友梨奈の1強という扱い、本意ではない水着写真集などに疑問を感じていたのかもしれません」(アイドル誌編集者)

“やった方がいいこと”とは、もちろんこれまで通りの欅坂の活動という意味だろう。そして、“やりたいこと”についてのヒントも、過去の発言から読み取れるという。

「長濱は、卒業後については“未定”だとしていますが、おそらく芸能活動は続けるものと思われます。彼女は昨年11月に出演ドラマ『かんざらしに恋して』(NHK)がクランクアップした際に、『演技のお仕事がすごく楽しい』『もっともっと挑戦したい』『もう一度お仕事でお会いできるように頑張っていきます』と語っていますから、このとき女優業への憧れを強くしたのではないでしょうか?」(同)

 長濱は最新曲「黒い羊」を最後に卒業となるが、同曲のMVでの登場シーンは、センターの平手が約240秒だったのに対し、長濱は5秒のみ。「もっと見たかった」というファンの声に、女優転身で応えてほしいものだ。

最終更新:2019/03/12 10:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む