それゆけ!勝手にしらべ隊

「第2ボタン」は昭和の遺産!? 卒業式の新定番「公開プロポーズ」はいつから始まった?

2019/03/15 14:00

イメージ画像

 卒業シーズン真っただ中の3月。TwitterやInstagramを眺めていると、「#卒業」「#108本」「#公開プロポーズ」というハッシュタグとともに、まるでドラマに出てくるような大きな花束を抱え、彼女の前でひざまず彼氏や、幸せそうな2ショット画像が多数流れてくる。30代以上にとっては、卒業式といえば「好きな人の制服の第2ボタンをもらう」が定番だったが、どうやら最近はこの「公開プロポーズ」がはやっているらしい。でもこれ、一体いつから始まったの?

 そこで、女子中高生の実態に詳しい、ITジャーナリストの高橋暁子氏に話を聞いた。

――いつの間にかおなじみとなった公開プロポーズという文化、いつごろから始まったんでしょうか?

高橋 「公開プロポーズ」をGoogle Trendsで調べると、2008年頃から流行しています。つまり、SNSの流行時期と重なりますね。また、2007年のドラマ『花より男子2(リターンズ)』(TBS系)の影響は大きいと思います。当時、中高生の間の視聴率は100%ともいわれ、絶大な支持を得ていた本作ですが、最終回は卒業式後のプロムで道明寺司(松本潤)が牧野つくし(井上真央)に公開プロポーズ。平均視聴率27.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という人気ぶりでした。SNSでヒロインになりたい、記録として残したい若い女性のニーズと合致したんだと思います。

――108本のバラの花束には「結婚してください」という意味がありますが、そのほかの花束で告白する例も多いそうですね。卒業式に限らず、告白やプロポーズもシェアするのは当たり前なんでしょうか?

高橋 SNSの流行により、「公開告白」も流行しています。(株)マッチングエージェントが発表した「恋愛流行語2017」(https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=21098)の1位は、「公開告白」でした。10代女子に人気のMixChannelから生まれた文化であり、友だちに応援してもらって勇気を得たい、失敗しても慰めてもらえる、みんなの前で告白することで成功率が上がるなどの効果があるようです。ミクチャではカップル動画の人気が高く、告白動画が多数投稿されており、「like100で告白します!」という動画などもあります。

 若者は彼氏との恋愛は隠さない傾向にあり、10代向け雑誌ではモデルが彼氏とツーショットで登場したりしています。

――大人世代としては“みんなの前でフラられるなんて、赤っ恥!”と思ってしまいますが……。ちなみに、今年の卒業式のプロポーズに、何か傾向はありますか?

高橋 InstagramのストーリーやTicTokのブームもあり、動画で撮影するケースが増えましたね。

――公開プロポーズ以外に、ギャルの間ではキャバ嬢のような”盛り髪”も定番になっているようですね。

高橋 「#卒業プリ」「#卒業ディズニー」も流行しています。卒業証書を持った状態で写るのがポイントのようです。「#黒板アート」前での撮影も人気です。共通しているのは、やはりSNS映えですね。

――「制服の第2ボタン」は、さすがにもうない?

高橋 「第2ボタン」はもともと、戦時中の悲恋エピソードが元になったもののようですが、歌の歌詞に使われたり、心臓に一番近いボタンなどということでロマンチックなため、まだ人気があります。「#第2ボタン」で、写真や動画が多数投稿されています。

***

 いかにもSNS世代らしい文化だが、中には公開プロポーズしたにもかかわらず、3カ月で破局、といったケースも珍しくないよう。若者にとっては、“一生に一度”というわけではなさそうだ。

最終更新:2019/03/15 14:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む