『いだてん』もはや、なす術なし!? 『イッテQ!』『ポツンと一軒家』が休止でも視聴率8%台の惨状

2019/03/20 23:00

NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリンムピック噺~』公式サイトより

 図らずも、足袋職人役で出演していたピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたことで注目を浴びる格好となった、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリンムピック噺~』は、もはやなす術がないのか?

 17日、同ドラマの第11話「百年の孤独」が放送されたが、平均視聴率は8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)止まりだった。前週(10日)と同率で、まったく数字を上げることができず、6週連続1ケタ台に沈む惨状だ。

 2015年『花燃ゆ』(井上真央主演)と並び、大河史上ワースト視聴率に終わり、1ケタ台を連発した、12年『平清盛』(松山ケンイチ主演)でさえ、連続1ケタ台は4週が最高で、『いだてん』は、あらゆる大河のワースト記録を塗り替えそうな気配だ。

 第11話では、ストックホルム五輪で、日本代表の三島弥彦(生田斗真)が短距離走に挑む内容だった。同話では、主人公のマラソンランナー・金栗四三役の中村勘九郎と生田が、ほぼ全裸になって、川で水浴びするサービスショット(?)も流されたが、数字には結びつかなかった。

 ここに来て、絶望的とも思えるのが、まさにその第11話の不振だ。この回は、強力な裏番組である、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)、『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)がそろって休止。それだけに、『いだてん』は視聴率を回復する絶好の機会だった。前週、『イッテQ!』は16.5%、『一軒家』は17.0%と、共に高い数字を弾き出していた。その両番組の放送がなかったにもかかわらず、『いだてん』はチャンスを生かせなかった。

 17日の同時間帯でオンエアされた、『ザ!鉄腕!DASH!!2時間SP』(日本テレビ系)は16.8%、『ナニコレ珍百景2時間半SP』(テレビ朝日系)は13.1%で、高い視聴率をマークしたが、『イッテQ!』『一軒家』ほど強力ではなかった。

 24日は、『イッテQ!』『一軒家』共に通常放送され、月イチの人気番組『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』(テレビ東京系)がオンエアされるだけに、『いだてん』の苦戦は免れそうにない。

 注目された瀧の代役に、15年後期のNHK連続テレビ小説『あさが来た』でブレークし、バイプレーヤーとして活躍する三宅弘城が決まったが、とても視聴率アップにつながるとは思えない。この先、まだまだ9カ月も放送が続くだけに、なんとか打開策を見いだしてほしいものだが……。
(文=田中七男)

最終更新:2019/03/20 23:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む