6年にわたり、計129回……実の孫娘を性的虐待した男に、殺人罪と同等の懲役20年

2019/05/20 18:00

イメージ画像(東網)

   千葉県野田市で1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)が自宅浴室で死亡した虐待事件で、父親から性的虐待まで受けていた疑いが浮上している。一方、台湾では先日、孫娘に長年にわたり性的虐待を行っていた男の裁判が行われ、その卑劣な犯行の詳細が明らかになった。

 台湾のニュースサイト「三立新聞網」(5月8日付)によると、台北市士林区の裁判所で、強制わいせつ罪および強制性交等罪に問われた男(59)の公判が開かれた。この男は2010年に妻と離婚後、娘と孫娘の3人で暮らしていた。しかし、同居し始めてすぐのうちから、当時3歳だった孫の女児に対し、性的虐待を行うようになったという。当初は下半身を触るなどしていたが、行為は徐々にエスカレート。6年の間、129回にわたって強制性交していたことが明らかになった。

 女児が小学校3年生となった17年、同級生に、祖父の行為について相談したことから事態が明るみに。女児は母親の付き添いのもと、地元警察に被害届を提出し、6年に及ぶ地獄の日々はようやく終わりを迎えた。女児の母親は、性的虐待についてまったく気がついていなかったという。

 裁判の結果、男には殺人罪と同等となる懲役20年の長期刑が言い渡された。男は即日上告したが、台湾では児童に対する性的虐待事件については厳しい判決が下ることで知られている。例えば16年、雲林県で実の娘3人に性的虐待を行っていた父親に懲役2350年の判決が下されている。

 日本同様、昨今児童への虐待事件が頻発する台湾では、今月10日には国会で児童虐待を厳罰化するための法改正案が可決され、最高で無期懲役刑が科されることとなった。翻ってわが国では今年3月、実の娘と性交したとして準強制性交罪に問われた父親に、前代未聞の無罪判決が下された。この判決は海外でも驚きをもって報じられ、世界に恥をさらす結果となった。

 精神的殺人ともいわれる性的虐待や性犯罪について、日本でも厳罰化が求められる。

(文=青山大樹)

最終更新:2019/05/20 18:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む