深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.533

セックスすれば、友達ではなく恋人になるのか? 徳永えりのフェロモン充満『月極オトコトモダチ』

2019/05/31 18:00

5月に結婚したばかりの徳永えり主演映画『月極オトコトモダチ』。男女間にはたして友情は成立するのか?

 どこまでが友人で、どこからが恋人なのか。セックスしても、友達のままでいられるのか。『ドラえもん』の静香ちゃんは、いつからのび太のことを異性として意識し始めたのか。徳永えり主演作『月極オトコトモダチ』は、男女間に横たわるそんな曖昧な謎を検証してみようという試みの映画となっている。

 本作の主人公・那沙(徳永)はウェブマガジンの編集者。ある晩、銀座コリドー街のバーで、なかなかのイケメン・柳瀬(橋本淳)と出逢う。柳瀬は「レンタル友達」を生業としており、この夜も気の弱い男性依頼者に頼まれ、ナンパ代行のために訪れたという。普段は女性からの依頼が多いらしい。「男女の関係にならないの?」と那沙が素朴な疑問を投げかけると、「男女の関係にはならないスイッチがあるから」と自信満々に答えてみせる柳瀬だった。

 柳瀬のことが気になった那沙は「男女間の友情はレンタルできるのか」というテーマで、ウェブ連載を始める。柳瀬と月極(つきぎめ)でのレンタル契約を結び、ビジネスとしての男女間の友情を育むことに。ウェブ上での反応は上々。さらにPV数をアップさせるために、編集長から「ひと晩一緒に過ごしても何も起きないのか」を実証するよう命じられる。

 柳瀬は人当たりがよく、話も聞き上手で、一緒にいると心地よい。給水塔やガスタンク群などユニークな場所を巡っているうちに、柳瀬に好意を抱くようになった那沙は悩む。どこまでが取材者としての好奇心なのか、本気で惚れてしまったのかわからなくなってしまう。

 本作のモチーフとなっているのが「レンタル友達」という職業。友達代行サービスとして運営している会社は実在しており、「ディズニーランドに行きたいけど、ひとりで行くのは嫌」といった人たちからのニーズがあるらしい。本作で長編映画デビューを飾った穐山茉由監督は、実際にレンタル友達を利用して脚本を書き上げたという。「けっこう値段がするので、一度しか利用していません」(穐山監督)とのことだが。

最終更新:2019/06/04 09:29

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む