日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 徳永えりのフェロモン充満映画
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.533

セックスすれば、友達ではなく恋人になるのか? 徳永えりのフェロモン充満『月極オトコトモダチ』

友達と恋人との狭間に立ち塞がる”何か”

珠希(芦那)と柳瀬は共にミュージシャン。音楽の波長も合い、すぐに仲良くなっていく。

 珠希によれば、「曲をつくることは自分をさらけだすこと。恋愛と似ている」という。取材を口実に、レンタル契約を結ぶ形でしか柳瀬と接することができない那沙の押さえ込んでいた感情が爆発する。R18映画『ジムノペディに乱れる』(16)で体当たり演技を見せた芦那と演技派・徳永との一人の男をめぐるバチバチ対決は、かなりの迫力がある。

 3月に公開された黒川芽以主演の実録恋愛コメディ『美人が婚活してみたら』では、友達付き合いするには最適だが、恋人にはなれない残念なサラリーマン・園木(中村倫也)という共感を覚えるキャラクターが登場した。園木がいくら努力しても恋愛対象となるには、何かが足りなかった。那沙もそうだ。友達と恋人との狭間に立ち塞がる、その“何か”をウェブでの連載が終わった後も探り続けることになる。

 そういえば、『ドラえもん』の静香ちゃんとのび太はいつから男女の関係になったのだろうか。たぶん、静香ちゃんはドラえもんと別れた後のひとりぼっちになったのび太に、その“何か”を感じたに違いない。芦那のミュージシャン名義であるBOMIが歌う主題歌「ナニカ」を聴きながら、ふとそんなことを考える。その“何か”は、ドラえもんの四次元ポケットには入っていないものらしい。多くの男女が、その“何か”を求めてのたうち回っている。

(文=長野辰次)

『月極オトコトモダチ』

監督・脚本/穐山茉由 音楽/入江陽 劇中歌・主題歌/BOMI

出演/徳永えり、橋本淳、芦那すみれ、野崎智子、師岡広明、三森麻美、山田佳奈

配給/SPOTTED PRODUCTIONS 6月8日(土)より新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺、イオンシネマ板橋ほか全国順次公開

(c)2019「月極オトコトモダチ」製作委員会

https://tsukigimefriend.com

『パンドラ映画館』電子書籍発売中!
日刊サイゾーの人気連載『パンドラ映画館』
が電子書籍になりました。
詳細はこちらから!

 

最終更新:2019/06/04 09:29
123
こんな記事も読まれています

セックスすれば、友達ではなく恋人になるのか? 徳永えりのフェロモン充満『月極オトコトモダチ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真