日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレビでHYDEイメージ崩壊!

身長差がヤバい!? HYDE、久々のバラエティ出演でイメージが音を立てて崩れた”その一部始終”

HYDE公式サイトより

 ロック界のカリスマ、L’Arc~en~Ciel(以下、ラルク)のHYDEが18日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に出演。謎に包まれたスーパースターの意外な素顔が明らかになり、安堵と困惑の声が漏れている。

 ほとんどバラエティ番組に出ることがないHYDE。『火曜サプライズ』に出演したのは、19日に発売されるソロアルバムの告知のためだった。音楽誌のライターが語る。

「ラルクのボーカルとして大成功を収めているHYDEは、ラルク以外にもソロ活動、ロックバンドの『VAMPS』、他のアーティストの作品への参加など、創作意欲が非常に旺盛で、特にVAMPSは海外ツアーを含め、これまで300本以上のライブをこなしています。ただし、ラルクでは軽く数万人を集められるHYDEですが、ソロツアーの会場のキャパは2,000人程度。ソロ名義のオリジナルアルバムは13年ぶりなので、露出が必要だと考えたのでしょう。『火曜サプライズ』の他にも、18日にはニコニコ生放送に出演しています」(音楽誌ライター)

 そんな経緯で実現したゴールデンタイムのバラエティ番組出演。同番組のレギュラーのDAIGOとは17年来の親友だというHYDEだが、その内容は良くも悪くもHYDEの印象を変えるものだった。女性芸能誌記者が語る。

「HYDEがバラエティに出ると聞いて、気になったのは彼の身長です。小柄なHYDEは、ネット上で長らく『身長156cm』と決めつけられてきましたが、身長178cmのDAIGOと番組で並ぶと、確かに2人の身長差は20cm以上あるように見え、「身長差がヤバい」などとネットは大いにざわつきました。

 また、ミステリアスな雰囲気に満ちたHYDEですが、番組では、納豆スパゲッティを音を立ててズルズルとすすったり、占い師の言うことに一喜一憂したり、ドン・キホーテで買い物をしたりと、まるでB級タレントのような扱いで……」(女性芸能誌記者)

 番組は、これまで長年のキャリアで積み上げてきた“HYDE像”が音を立てて崩さっていくような映像の連続だったが、好感度が上がったのは間違いなかったよう。平成のカリスマも今年1月に50の大台を迎えており、令和は“愛されキャラ”で勝負だろうか?

最終更新:2019/06/21 22:00
こんな記事も読まれています

身長差がヤバい!? HYDE、久々のバラエティ出演でイメージが音を立てて崩れた”その一部始終”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真