ロンブー田村亮は”闇営業”でいったい何を披露したのか?高額ギャラを得た「トーク」の気になる中身

2019/07/03 17:58

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
ロンドンブーツ1号2号・田村亮

 吉本芸人らによる特殊詐欺グループの忘年会での「闇営業」問題が連日メディアを賑わすなか、世間や同業者らの注目ポイントもさまざまな方向に分散してきている。

 6月30日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、MCの爆笑問題・太田光が、雨上がり決死隊・宮迫博之に「重要なのはね、俺が気に入らないのは、宮迫があそこで歌を歌ってたところ。ネタやれよって話なんですよ」と“斜め上”から噛みついた。

「太田は芸人の闇営業自体はよくあることとした上で、芸人である宮迫が営業先でネタではなく歌を披露した点について激怒。太田は新人の頃に当時所属していた太田プロで芸人としての在り方を厳しく教わったといい、プロであるなら商売道具であるネタを見せるべきであり、ノーギャラで舞台に立つことは恥であるとの持論を展開。逆に、ネタをやらずカラオケだけでギャラをもらった宮迫のプロ意識のなさを激しい口調で批判していました」(テレビ誌ライター)

 一方、世間が気になったのが、忘年会に出席していたもう一人の売れっ子芸人たるロンドンブーツ1号2号・田村亮の「芸」だ。

「ロンブー亮といえば、“いい人キャラ”だということは知っていても、これまでの仕事で印象に残っているものはまったくない。謹慎発表後に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では編集でバッサリ姿を消されていましたが、視聴者からは『まったく違和感がなかった』と言われてしまったほど。そのため、ネット上では『何か芸ありましたっけ?』『亮くん、何を見せたのかな?』『とりあえず営業にいったのなら、何かしら芸を見せたんですよね?』という疑問の声が続出しています」(芸能記者)

「FRIDAY」(講談社)によれば、レイザーラモンHGは「フォー!」、ガリットチュウ・福島善成はモノマネ、カラテカ・入江慎也は司会、そして亮は「トーク」だったとある。

 宴たけなわで興奮状態だったはずの半グレ集団を前に、亮はどんな”トーク芸”で、高額なギャラを得たのか、気になるところだ。

最終更新:2019/07/03 17:58

人気記事ランキング

続きを読む