日刊サイゾー トップ > その他 > PR情報  > “パパ活”公言グラドルまろかも絶賛!? 枯れ専女子が理想のパパと出会えるマッチングサイトが熱い

“パパ活”公言グラドルまろかも絶賛!? 枯れ専女子が理想のパパと出会えるマッチングサイトが熱い

【本記事はPRです】

 肉体関係がないことを前提に、年上男性とのデートを楽しむ20代の若い女性が増えているという。年上のリッチな男性との「質」にこだわったデートを楽しみつつ、ハイグレードな所得層との人脈やコネクションを増やせるのがメリットで、ちまたでは「パパ活」なる言葉も定着。お金がない若者より、裕福な年上男性がモテる時代がひそかに到来している。

 そんな中、魅力的な年上男性と20代の女性をつなぐ場として注目を集めるのが、マッチングサービスの存在だ。数年前からさまざまなサービス・アプリが台頭しているが、そんな中でも、今年開設されたばかりの「Love &(ラブアン)」は女性のプロフィール欄に動画を採用し、女性の仕草や声を確認しながら相手を選べる点が評価され、急激に会員数を増加させている。

 今回は、年上の「パパ」との交際歴があると公言しているグラビアイドルのまろかさんに、この「Love &(ラブアン)」を体験してもらい、マッチングサービスでモテる年上男性の条件や、自身の「パパ活」経験談などを語ってもらった。

***

――まろかさんは数年前、「パパ活」経験があって、パパがひとりいるということをテレビで告白されていました。今でもその方とのお付き合いはあるんですか?

まろか 実は……その方とは、先月終わりを迎えたんです。はい。

――別れてしまった?

まろか 私が相手のことをあまり大切にしなかったせいだと思うんです。相手もそれなりにお金を払うわけなので、それに見合った対応はしなきゃいけなかったのかなって。食事とか誘われても、結構断ったりしていたんです。

――そもそも相手の方とはどこで出会ったんですか?

まろか 友達の紹介で、遊びに行くようになったんです。実はパパになってもらう以前、もう10年くらい前から面識があった人で、20歳の頃から知っている人だったんです。

――テレビではその方との肉体関係は一切なかったとおっしゃっていましたが、こういうパパとのお付き合いで、肉体関係がなくても相手は満足するものなのでしょうか?

まろか わたしの場合は、相手がおじいちゃんというのもあるかもしれないです(笑)

――なるほど……(笑)。

まろか 60代後半の方だったので、キスすらなかったですよ。

――ちなみに今日、まろかさんにひとついいマッチングサービスを見てもらおうと用意したんです。新しいパパをこのサービスで探すのもいいかもしれませんよ!

12
こんな記事も読まれています

“パパ活”公言グラドルまろかも絶賛!? 枯れ専女子が理想のパパと出会えるマッチングサイトが熱いのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

樹海、NY取材で見た人間の本性とは?

 ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教などを中心に取材を続けてきた村田らむ氏と、国内外の裏社...
写真