チャラ男漫才のEXIT、闇営業問題で“犯人扱い”された? 見た目で間違われた中堅コンビCのTも

2019/07/14 09:55

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 反社会的勢力が主催する会合での闇営業問題で、社内調査を継続して行っているという吉本興業。コンプライアンス遵守に躍起になるのは当然だろうが、その一方で軋轢も生んでいるようだ。

「かなり多くの芸人たちが、反社との付き合いがないかどうか、社員に“事情聴取”されているそうです。もちろん、念のために確認する程度のことも多いみたいですが、中には“犯人扱い”されてしまうこともあるとか」(芸能事務所関係者)

 まさかの犯人扱いされてしまったのが、チャラ男漫才でブレーク中のコンビ・EXITだという。

「一連の闇営業報道の中で、7月5日発売の写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)が、ピン芸人『C』と『N』、人気コンビ『E』の4名が半グレ集団のプライベートパーティーでネタを披露したという情報を掲載しました。これはあくまで“そういった情報提供があった”という内容の記事だったんですが、吉本側がどうやらこの“人気コンビ『E』”がEXITなのではないかと疑ったようです」(同)

 そこで吉本はEXITを呼び出し、事情徴収を行ったという。

「EXITはチャラ男キャラで売っているけど、普段は真面目で交友関係も健全。それなのに疑われてしまったことで、2人はかなり腹を立てていた。特に兼近の方がブチギレ寸前で、吉本に対して不信感を持ってしまったのだとか」(同)

 今回の一連の騒動の中で、EXITのようにあらぬ嫌疑をかけられるケースも多い。

「最初に闇営業が報じられたとき、写真に写っていたレイザーラモンHGと髪型が似ているというだけで、COWCOWの多田が疑われたとのこと。本人としてもまったくもって寝耳に水だったはずで、相当驚いたでしょうね」(劇場関係者)

 そのほかにも多くの若手芸人が、吉本社内の“事情聴取”にウンザリしているようだ。

「会社側は『正直に話せば処分はしない』と言うのですが、もしも反社との付き合いがあると正直に話せば絶対に処分されるはずだから、結局何も話せない、という空気になっているようですね。そんな状態だから、事情聴取をしても事実は明かされないし、ただただ吉本と芸人の間の溝は深まるばかりでしょう」(同)

 吉本にとっては相当な大打撃となった闇営業問題。根本的解決への道のりはまだまだ遠い。

最終更新:2019/07/14 09:55

人気記事ランキング

続きを読む