日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > 学習マンガで描かれる平成の天皇

上皇陛下の半生がまるわかり! 子供向け学習マンガで描かれる「平成の天皇」

「平成の天皇」小学館より

 平成から令和の時代に変わっておよそ3ヶ月。「令和」という元号にもすっかり馴れて来た感があるが、こと天皇に関しては、先の皇太子を「天皇陛下」と呼ぶことに、まだ違和感を感じるという人が、皇室記者の人の中にも少なくないとか。それは言い換えれば、いまの上皇陛下が、平成時代の天皇陛下として、いかに敬愛されていたかという証でもある。

 そんな平成時代の天皇陛下の半生を、なんと学習マンガの形でまとめた本が、先頃発売された。そのタイトルも「平成の天皇」。小学館の学習伝記まんがシリーズ「学習まんが人物館」のうち、現在存命中の人物を扱った特別枠「学習まんがスペシャル」の1冊である。同シリーズには、ほかに松井秀喜、羽生善治、ポケモンの生みの親である田尻智などが登場しているが、天皇陛下を取りあげるというのは際立って大胆な試みだ。なお、「昭和天皇」といった呼び名は崩御された後の諡(おくりな)であり、現在在位中の天皇は「今上天皇」と呼ぶことになっているが、上皇陛下は、在位中でもなく崩御されてもいないため、平成の天皇時代も含めた呼称がまだ定まっていないことから、「平成の天皇」というタイトルになったのだと思われる。

 マンガは、上皇陛下が皇太子として生まれてからの幼少時代、父・昭和天皇と新聞記事について話し合って社会への関心を育てたり、美智子さまへの電話でのプロポーズからご成婚、天皇陛下となり、自然災害の折には避難所で膝をついて被災者と話したり、と国民のためを思われ続けたこと。そして、退位するまでを描いており、その半生において、いかに真摯に平和のためと国民のためを思い、尽くしてきたかが改めて分かる内容となっている。

 監修は、日本近現代皇室史が専門の歴史学者で、皇室報道でもお馴染みの小田部雄次・静岡福祉大学名誉教授。小田部教授は、「平成の皇室」の監修にあたって気をつけたことについて、次のように話す。

「小学生だけでなく、大人にも象徴天皇が何であるのか、平成の天皇がどんな人物であったのかを描くことは、難しい課題でした。学問的な定説はまだ確立していないので、明らかになった事実をひとつひとつ踏まえながら、その歴史を描く必要がありました」

 シナリオはノンフィクションライターで児童文学作家の祓川学氏が担当したので、小田部教授が担当したのは事実の考証のみだったが、シナリオの筋書きが実際にあったかどうかの検証は、注意深く行なわれた。当初のシナリオで幼少時代の皇太子(現・上皇)が、少年たちをリードして馬跳びをしていたシーンがあったが、皇太子は幼少時代は気弱な性格で、仲間をリードするほうではなかったのではないかと考えられ、また馬跳びをしたという確たる証拠もなかったことから、こちらは実際に皇太子がしたという資料が存在する相撲遊びに、小田部氏の助言で変更したという。

「マンガといっても荒唐無稽なことを書けるわけではなく、しっかりした事実の確認と時代考証が求められます。とはいえ、まったく資料がない事柄もあり、その場合は、『ありうべき嘘は許される』、『真実は細部に宿る』というふたつの方針のバランスを取ることが大切になりました。また、平成の天皇といっても、幼少時代から一貫した人格や思想があったわけではありません。このマンガは、その平成の天皇が平和を愛する思想を育てるにいたるまでの、成長の物語でもあるわけです」

 このマンガは、まず子供向けの新聞である読売KODOMO新聞に連載されたのち、本書にまとめられた。今年5月の平成から令和への改元にあたって、「天皇」「退位」関連の本が多数出されたが、児童書に関しては、ほぼこの本だけ。この本はその意味でも重要なのだが、それだけではなく、子供に限らず大人が読んでも学ぶところが多い。令和となったいま改めて平成を振り返るためにも、読みやすく分かりやすい本書は格好の1冊である。

最終更新:2019/07/20 17:58
こんな記事も読まれています

上皇陛下の半生がまるわかり! 子供向け学習マンガで描かれる「平成の天皇」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真