日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > エレベーター内でやりたい放題

エレベーター内でやりたい放題! スカートめくり男に、立ち小便出前配達人まで……

スカートをめくって中をのぞく男

 街中のいたるところに監視カメラが仕掛けられている中国では、当然エレベーター内にもカメラが設置されていている。にもかかわらず、最近、考えられないような事件が立て続けに起きている。

「香港01」(7月28日付)などによると、江蘇省徐州市では、男が女性のスカートの中をのぞき見する事件が起きた。スカート姿の女性が自宅マンションのエレベーターに乗ったところ、後から男が乗り込んできた。エレベーター内にいたのは2人だけ。女性が降りようとドアの前に立つと、男は女性の背後に回り込み、あろうことか、かがみ込んでスカートの裾をつまみ上げ、中をのぞき込んだのだ。

 話はそれで終わらない。女性はそのまま気づかずにエレベーターを降り、自室の玄関の前に立ち止まってバッグの中から鍵を探していた。すると男は、しめたとばかりにエレベーターから這うようにして外に体を乗りだし、再びスカートの裾をめくり上げ、中をのぞいたのだ。さすがに女性が気づいて振り返ると、男はものすごいスピードでエレベーター内に逃げ込み、ドアを閉めた。まるでコントのようである。

 一部始終を監視カメラがとらえていたため、男は警察に逮捕され、10日間の拘留処分を科せられた。その処分に対し、ネットでは「AVの見すぎだろ」「10日じゃあ、出てきたらまたやるな」「全く抑止効果はなく、犯罪を奨励しているようなものだ」といった厳しいコメントが殺到した。

立ち小便をする出前配達員

 一方、広東省潮州市では、出前の配達員がエレベーター内で立ち小便をするという事件が起きた。「東網」(同日付)などによると、出前アプリ「美団外売」の黄色いシャツを着た配達員が、配達先マンションのエレベーター内で突如、両手を股間に当てた。監視カメラの死角になっているため、ぱっと見では何をしているかわからないが、放尿している姿がしっかりと鏡に映っていたのだ。事件発覚後、この地区を管轄する派出所が調査に乗り出した。運営会社は厳正に処分するとしているが、同社のイメージダウンは免れないだろう。

 中国でエレベーターを利用する際は、どんな人物が乗っているか、よく確認したほうがよさそうだ。

(文=中山介石)

最終更新:2019/08/04 14:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

エレベーター内でやりたい放題! スカートめくり男に、立ち小便出前配達人まで……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

瓜田純士復帰戦、衝撃の結末!

『瓜田純士に勝ったら10万円』というサイゾー協賛の格闘技イベントが4月28日、「THE ...
写真