日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 芸能(トンデモ)  > AKSと関係断絶のSNH48が総選挙

AKSと関係断絶のSNH48、今年も総選挙を開催していた!

二連覇を達成したリー・イートン(網易新聞より)

 AKB48の姉妹グループとして秋元康のプロデュースにより誕生したものの、2016年6月に「契約上のトラブル」により、運営会社のAKSと関係断絶となったSNH48が7月27日、総選挙を開催した。

「網易新聞」(7月29日付)によると、第6回となる今回の総選挙では、前回第1位に輝いたリー・イートンが二連覇を達成するかについて大きな注目が集まっていたが、全投票数の半数以上となる148万票を獲得し、その強さを見せつけた。今回の総選挙はネットでも生配信され、視聴者数は1,700万人を超えたという。

 投票券の入手方法は、投票券付きのCD、投票券付きのギフトパック、投票券付きの音楽ダウンロード、ファン会員向けの投票券の購入の4つだ。投票券の単体販売の価格は、1票当たり3.5元(約56円)で、李の得票数である148万票のすべてが単体販売された投票券によるものだとしても、546万元(約7,900万円)ものマネーが動いていたことになるのだ。ちなみに、投票券付きのCDは、発売3時間で20万枚が購入されたという。

総選挙では、同グループによるライブも行われた

 ただ、ドル箱イベントである総選挙にも陰りが見え始めていると指摘する声もある。昨年の総投票数は297万票と過去最高を記録した一方、今年は228万票と50万票以上も投票数を減らしているのだ。これまでSNHグループの絶対女王として君臨していたキクちゃんこと、ジュー・ジンイーが昨年グループを卒業したことも大きいとみられる。

 しかし、ファンの減少にもかかわらず、グループ自体は拡大を続けている。姉妹グループとして、北京を本拠地に活動するBEJ48や広州のGNZ48、重慶にはCKG48、瀋陽にSHY48が設立され、各姉妹グループを合わせたメンバーは200名を超える大所帯となっている。

 やみくもな多角化戦略は、倒産寸前の中国企業に見られがちな迷走パターンだが、SNHと姉妹グループは来年も総選挙の日を迎えられるだろうか?

(文=青山大樹)

最終更新:2019/08/05 20:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

AKSと関係断絶のSNH48、今年も総選挙を開催していた!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...
写真