日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > オリラジ藤森、重宝されるワケ

オリラジ藤森慎吾、「才能はないが……」なぜか業界内で重宝され売れ続けるワケとは?

オリエンタルラジオ・藤森慎吾

 10月から放送されるテレビ朝日系ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第6シーズンの新キャストが発表された。市村正親、ユースケ・サンタマリア、武田真治、清水ミチコらと並んで、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾が新たにレギュラーメンバーになった。

「このところは芸人としてだけでなく、チャラい雰囲気の役からイヤミな役まで、幅広い役こなすことができる俳優として評価も急上昇。業界内では納得の人選といった感じで受け止められています」(ドラマ関係者)

 オリエンタルラジオと言えば、近頃は中田敦彦が教養系YouTuberとしてブレイク中。政治や社会情勢に関する解説動画が人気となり、YouTubeのチャンネル登録数も100万人を突破している。

「芸風を変えて何度もブレイクしているのが、中田です。デビュー当時は若手芸人として、その後RADIOFISHとしても音楽活動をスタートさせ、紅白にも出場しました。そして、今回のYouTubeでのブレイク。多岐にわたる才能を持っています。一方の藤森はというと、チャラ男キャラでブレイクして以降は、キャラは大きく変わっていないのですが、中田のように浮き沈みもあまりなく、実はコンスタントに活躍し続けている。手を替え品を替えの中田よりも、何もしないで売れている藤森のほうが実はすごいのではないかとも言われています」(バラエティー番組関係者)

 オリラジとしては『火曜サプライズ』(日本テレビ系)、『PS純金』(中京テレビ)という2つの番組にレギュラー出演している藤森。これとは別に『王様のブランチ』、『爆報! THE フライデー』(ともにTBS系)という単独のレギュラー番組も持っている。

「自分の才能をいろんな場所で発揮するのが中田なら、藤森は無難なコメントをし続ける汎用性の高いタレントという立ち位置。適度に個性を消しつつ、番組が求める役割を果たすことができるという意味では、ものすごく重宝される存在なんです。カリスマ性はないけど、テレビタレントとしてはとても優秀だと思います」(同)

 そして、藤森は芸能界での交友関係が広いことでも知られている。

「堺正章にガッツリハマっていた話は有名だし、最近では小栗旬とても仲がよく、若手俳優らに混じって“小栗会”にも参加しています。どの現場に行ってもすぐ誰とでも仲良くなるから、仕事がしやすいと評判で、再オファーもされやすい。人間関係でしっかりのし上がっていくタイプ。今後も安定して売れ続けるでしょう」(同)

 “芸”の面では必ずしも才能あふれるわけではないが、だからこそ息の長いタレントとなっている藤森。オリラジで本当にすごいのは、藤森のほうかもしれない?

最終更新:2019/09/14 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed