深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.551

心優しきテロリストが最期に発した言葉とは? 実録サスペンス映画『エンテベ空港の7日間』

人気俳優ダニエル・ブリュールとロザムンド・パイクが実在したテロリストを演じた『エンテベ空港の7日間』。

 歴史、民族、宗教、国際情勢が複雑に絡み合うことから、”パレスチナ問題”について日本人は敬遠しがちではないだろうか。イスラエル側とパレスチナ側とでは、当然ながら言い分はまったく異なる。そんなパレスチナ問題を、第三者の視点から分かりやすくアプローチしてみせたのが、ブラジル出身のジョゼ・パジージャ監督の『エンテベ空港の7日間』(原題『Entebbe』)だ。1976年に起きたハイジャック事件を題材に、パレスチナ問題の本質に迫っている。『プライベート・ウォー』(現在公開中)で隻眼の戦場ジャーナリストを熱演しているロザムンド・パイク、『グッバイ、レーニン!』(03)での母親想いの息子役が印象的だったダニエル・ブリュールら人気俳優たちの迫真の演技も見逃せない作品となっている。

 1976年6月27日、パリ行きのエールフランス機がハイジャックされた。犯人はパレスチナ解放人民戦線のメンバーであるパレスチナ人男性2名と、西ドイツの過激派であるボーゼ(ダニエル・ブリュール)とブリギッテ(ロザムンド・パイク)の計4人だった。ボーゼたちは銃と手榴弾を手に機内を制圧し、83人のイスラエル人を含む乗客239名を人質にする。

 ハイジャック犯の要求は「世界中の刑務所にいる親パレスチナ系の過激派メンバーを釈放しろ」というものだった。だが、なぜドイツ人であるボーゼとブリギッテはパレスチナ側に加担しているのか。左翼思想に傾倒するボーゼたちは、世界革命が遂行されれば素晴しい理想社会が誕生すると信じていた。また、1948年にイスラエルが建国されたことで、それまで暮らしていた土地を追われたパレスチナ人たちの惨状を難民キャンプで目撃していた。理想と義憤を胸に、ハイジャックに及んだボーゼたちだった。

123
こんな記事も読まれています

心優しきテロリストが最期に発した言葉とは? 実録サスペンス映画『エンテベ空港の7日間』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

 6月に施行される「チケット転売規制法」を、弁護士法人ALG&Associates山...
写真