日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 菊地亜美、肌の黒塗り姿に賛否

菊地亜美、人種差別に繋がる肌の黒塗り姿に賛否の声「以前、ガキ使でも炎上したのに」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

インスタグラム:菊地亜美(@amikikuchi0905)より

 タレントの菊地亜美が披露したある写真に、賛否の声が集まっている。菊地は5日放送のバラエティ番組『変装かくれんぼ ハイド&シーク』(TBS系)に出演。水族館でのかくれんぼに挑戦した。

 そんな菊地は5日、自身の女性限定のイベント「Ami’s girls party Vol.1」の衣装として白いシャツに白いスカートを合わせたコーディネートをインスタグラムで披露していたが、放送の翌6日にもインスタグラムを更新し、「昨日は女子会イベント、そして今日は黒塗り黒タイツ」と、落差に触れつつ、番組で披露した全身黒に包まれた姿を公開した。

 菊地は全身黒タイツに、顔も黒く塗り、水族館の黒い背景に溶け込んでいたが、この格好に菊地は「人生はいろいろ。笑」と吐露。ハッシュタグでは「かくれんぼ番組にて」「闇に隠れる私」「全身タイツ最高」とつづっていた。

 この投稿に菊地のインスタグラムには、「最高すぎます!」「結婚してもバラエティ力は最強!」「そんなあみちゃんも大好きです」といった声が集まっていたが、その一方でネットからは、「黒塗りはアカンと何度言えば…」「ガキ使でも前炎上したのにね…」といった苦言も集まっていた。

 2017年年末に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」で浜田がビバリーヒルズ・コップ風の黒人風メイクを披露し、物議を醸したが、今回の菊地の黒塗りメイクで過去の炎上を思い出したネットユーザーもいたようだった。

最終更新:2019/10/09 00:00

菊地亜美、人種差別に繋がる肌の黒塗り姿に賛否の声「以前、ガキ使でも炎上したのに」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

「眞子さま、結婚宣言」勝者は秋篠宮か小室圭さんか

今週の注目記事・第1位「秋篠宮が覚悟、眞子さ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真